シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

19,461PV

イラスト違いカード予想

shadowverse(シャドウバース)において実装は約束されているイラスト違いのカードを予想してみました!
今回は9月の新パック「ダークネス・エボルヴ」に追加される「ダークエンジェル・オリヴィエ」のイラストを集めました!





サマー・オリヴィエ

「真夏のバカンスガチャ」で登場

【1進目】
新世界を求めて戦い続ける同胞たちも、今は真夏の熱に身も心も委ねるがいい。共につかぬ間の休息を謳歌しよう。

【2進目】
今は無限に広がる大海を眺め、希望の未来に思いを馳せよう。果てにある、新世界へ辿り着く日は必ず訪れると…。

【3進目】
戦火こそ、最も悲しく美しい紅蓮の大華…。けれど、命の炎の如く燃え上がる夕陽もまた、心震わすほど美しい。

【4進目】
短き安息が終われば、戦場へ舞い戻る定め…。いつか新世界へ辿り着いた時…再びこの美しき景色を共に眺めよう!




ダークソード・オリヴィエ

「漆黒の堕天使と純白の聖乙女ガチャ」で登場

【1進目】
騎士よ…私はずっと貴公のことを見ていた。こうして一時的にとはいえ共闘できること、嬉しく思う。その力…見せてもらおう。

【2進目】
新世界を目指す私たちと、それを拒み続ける断罪者たち。永き因縁が、もうすぐ終わろうとしている。全ては新世界へと通じる鍵が目覚め始めたからだ。

【3進目】
災女の魔櫃を、断罪者たちに渡してはならない。シルヴィアは魔櫃と融合して、自分諸共、封印するつもりなのだろう。そうなれば、新世界は遠のいてしまう。

【4進目】
どれだけ過酷な運命が…滅びが待ち構えていても、ミスタルシアの民には抗えるだけの力がある!騎士…貴公も同じ想いを抱いてくれるなら、共に刃を!




ニューワールド・オリヴィエ

「4th Anniversary 超越の堕天使と祝福の姉妹ガチャ」で登場

【1進目】
ようやく追い詰めたぞ、シルヴィア!…私は貴様を倒し、新世界へと至る!そして、必ず新たな力を得て、この世界を侵略者たちから救ってみせる!

【2進目】
大丈夫だ…。新世界の力さえあれば、この世界の者達は外界からの侵略者と戦える。結界に頼り切らなくても、その生を守ることが出来るはずだ。

【3進目】
結界を張り直し、多くの犠牲を出してでも一部を救う…。そんな方法を私は認めない。もう…認められないんだ。シルヴィア…貴様だって、本当は…!

【4進目】
新世界からの侵略者…。確かに、今の私の力は通用しないかもしれない。それでも、私は諦めない!…僅かでも希望があるなら、この刃を振るい続ける!




ロストダム・オリヴィエ

「失翼の堕天使と天稟の射手ガチャ」で登場

【1進目】
…っ!背中が燃えるように疼く…エミリアを救い出すどころか敵に翻弄され、翼をもがれてしまうとはな…!新世界へ至った理由は、敗北を知るためではない…!

【2進目】
たとえ翼を奪われ、闇より深い絶望の底へ突き落とされようと、私は諦めない!力を失ったならば、新世界の敵に対抗し得る新たな力を手に入れるまでだ!

【3進目】
…苦い敗北になるとしても、剣を捨てる事はしない。私にとって剣を手放す事は死も同然だ。剣を握れぬのなら、腕に括りつけてでも、戦う事を選ぶ!

【4進目】
希望を持ち続ける強さ…仲間を信じる心…それを教えてくれたのは騎士だ。たとえ敵わぬ相手だとしても、貴公が共に在るならば何度だって立ち向かう!




オリヴィエ他新カードパックは9月実装なので、これからが楽しみですね!






只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(5)
  • No.
    1

    冥府に落ちたアリサ定期


    • No.
      1.1

      それ。ニューワールド左下とか冥府アリサにしか見えん


  • No.
    2

    こんだけあるって事はめっちゃ人気キャラなんやな


  • No.
    3

    この子イラスト全部かわいいな
    実装されたらオリヴィエデッキ作ろう


  • No.
    4

    かわいいっすね
    実装はよ


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ