シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

10,588PV

ファミ通フラゲ情報公開!

6月8日発売のファミ通のフラゲ情報をまとめました。
以下詳細情報です。

鏡の世界

基本情報
種類 スペル
クラス ニュートラル
レアリティ シルバー
コスト 2
カードを1枚引く、コスト7以下の自分の手札と、コスト7以下の自分の場のカードすべては、ニュートラルのカードになる。

赤ずきん・メイジー

基本情報
種類 フォロワー
クラス ロイヤル
レアリティ ゴールド
コスト 2
声優
進化前
攻撃力 2
体力 2
【進化時】自分の場にニュートラルのフォロワーがいるなら、相手のフォロワー1体を破壊する。
進化後
攻撃力 4
体力 4

アックスガール・アビー

基本情報
種類 フォロワー
クラス エルフ
レアリティ シルバー
コスト 2
声優
進化前
攻撃力 2
体力 2
【交戦時】ターン終了まで攻撃力を+2する。
進化後
攻撃力 4
体力 4

オズの大魔女

基本情報
種類 フォロワー
クラス ウィッチ
レアリティ レジェンド
コスト 5
声優
進化前
攻撃力 4
体力 5
【ファンファーレ】カードを自分の手札が5枚になるまで引く。
【スペルブースト】を持たない自分の手札のスペルすべてのコストを1にする。
進化後
攻撃力 6
体力 7
【ラストワード】つぎの自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。

大亀の長老

基本情報
種類 フォロワー
クラス ドラゴン
レアリティ ブロンズ
コスト 4
進化前
攻撃力 2
体力 4
【ファンファーレ】覚醒状態なら、自分のEPを1回復。
進化後
攻撃力 4
体力 6

幽霊屋敷

基本情報
種類 アミュレット
クラス ネクロマンサー
レアリティ ブロンズ
コスト 4
カウントダウン 3
自分のターン中、自分のフォロワー(ゴーストを除く)が破壊されるたび、フォロワーゴースト1体を出す。

致命の刃

基本情報
種類 スペル
クラス ヴァンパイア
レアリティ ゴールド
コスト 3
相手のフォロワー1体は「【攻撃時】このフォロワーに3ダメージ」を持つ。
復讐状態なら、相手のフォロワー1体ではなく相手のフォロワー全ては「【攻撃時】このフォロワーに3ダメージ」を持つ。

ホワイトタイガー

基本情報
種類 フォロワー
クラス ビショップ
レアリティ ブロンズ
コスト 3
進化前
攻撃力 3
体力 2
【守護】相手の能力で選択できない
進化後
攻撃力 5
体力 4
【守護】相手の能力で選択できない


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(8)
  • No.
    1

    赤ずきんとかいう、いつ使えばいいか全くわからない謎カード
    鏡の世界と併用?出来る訳ねぇよ


  • No.
    2

    オズつっよ


  • No.
    3

    赤ずきん弱いはエアプすぎ


    • No.
      3.1

      じゃどう使うか考えてみるか?
      多分これの理想の使い方は後攻3Tグリムからの4T二体除去だとか、2コスNと出してからの除去なんだろう。それは決まれば強いだろうよ。
      だが先攻だったらこいつに少ない進化を切るだけの価値はあるのか?さらに言えばグリムは守護、ユニコはヘイトの高さから生き残る確率は決して高くない。だから後半にこいつを使うとするなら二枚出しするしかない。つまり実質的なコストは4〜5コス。進化権を使うとするならさらに上がると思うぞ。


  • No.
    4

    オズは強いけど効果的に手札切れにくいしスペブ多用の超越向けでは無い気がするな。
    ドロシーウィッチでドロシー引きやすくなるし舞踏とかルーン1コスにしてスピード上げるの強そうだ


  • No.
    5

    オズからの雪の女王の気まぐれ使えばいいんじゃね?


  • No.
    6

    ホワイトタイガーぶっ壊れすぎてるなぁ
    インフレしすぎ


    • No.
      6.1

      3/3/2守護は弱いってそれ一年前から言われてるから


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ