シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

1,851PV

本格TCGスマートフォン向けアプリShadowverse(シャドウバース)にて1月30日に実施されるメンテナンスで一部のカードに枚数制限が行われます。
以下、公式発表文です。

カード枚数制限

マナリアの知識

「マナリアの知識」の枚数制限について

1月24日のメンテナンス時に、《導きの妖精姫・アリア》《ブラッドウルフ》の「アンリミテッド」での1枚制限カード指定を行いました。
この2枚の指定にあたっては、「1月上旬の高ランクユーザーの対戦データ」を参考にしました。
しかし、指定を決めてからメンテナンスまでの間の対戦データでは、ウィッチクラスのデッキの使用率と勝率が上がっていることを確認しており、Shadowverse運営事務局は、ウィッチクラスのデッキの動向を注視していました。

1月24日のメンテナンス翌日の高ランクユーザーの対戦データを集計したところ、「アンリミテッド」のデッキタイプ別の使用率で、第1位は『超越ウィッチ』(《次元の超越》をはじめとするスペルブーストカードを中心にしたウィッチクラスのデッキ)で13.7%、第2位は『ドロシーウィッチ』(《次元の魔女・ドロシー》をはじめとするスペルブースト・フォロワーを中心にしたウィッチクラスのデッキ)で9.1%でした。

勝率を見ると、『超越ウィッチ』52.0%、『ドロシーウィッチ』54.9%となっており、「アンリミテッド」のゲーム環境では、ウィッチクラスのスペルブースト系デッキが使用率と勝率ともに高い状態です。
そのため、《マナリアの知識》を「アンリミテッド」フォーマットでの1枚制限カードに指定いたします。
指定にあたっては、各デッキタイプでの採用カード枚数と、プレイしたときの勝率への寄与度を参考にしました。

今後のカード能力とコストの変更について

Shadowverse運営事務局はユーザーの対戦データを集計し、より良いゲーム環境にするために、必要に応じてカード能力とコストを変更し、分解したときに得られるレッドエーテルの個数の変更によって補償をいたします。
デッキ構築戦のフォーマットには「アンリミテッド」と「ローテーション」の2つがあり、これらのゲーム環境を同時に適正化していきます。
「アンリミテッド」では、これまで行ってきたカード変更の他に、カード変更が「ローテーション」に影響する場合などには、「アンリミテッド」での1枚制限カード指定や禁止カード指定を行います。

デッキ構築戦のフォーマットには「アンリミテッド」と「ローテーション」の2つがあり、これらのゲーム環境を同時に適正化していきます。
「アンリミテッド」では、これまで行ってきたカード変更の他に、カード変更が「ローテーション」に影響する場合などには、「アンリミテッド」での1枚制限カード指定や禁止カード指定を行います。

今後は、事前にお知らせした日付で、カード能力とコストの変更の有無を発表し、変更がある場合は原則として発表の翌日にカード変更を行います。
また、下記の日付以外でも、Shadowverse運営事務局が緊急と認めた場合には、カード変更、制限指定、禁止指定などをすることによって、ゲーム環境を迅速に適正化いたします。

・2月14日発表、2月15日カード変更
・3月28日発表、3月29日カード変更

※日付は予定であり、変更する場合があります。
※「カード変更がない」場合も、その旨を発表いたします。



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(3)
  • No.
    1

    なんでも、かんでも、後から制限にするな


    • No.
      1.1

      確かに・・・
      運営は一度有名な一般プレイヤーを迎え入れたほうがいいと思う


  • No.
    2

    確かに・・・
    運営は一度有名な一般プレイヤーを迎え入れたほうがいいと思う


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ