シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

55,154PV

格安のコンボエルフを紹介!
手札回しが重要なコンボエルフは使用難易度が少し高めですが、妖精のように素早く立ち回り攻撃を与えていくデッキです。
場に出た時に効果があるフォロワーを駆使して手札を使いまわすためプレイ順が重要!
長所
・「このターン中にカードを2枚以上プレイしていたら○○」というような効果を持ったカードが多いので、1コストのフェアリーを上手く駆使してフォロワーを絶やさず相手にダメージを与えられる。
・ファンファーレやバウンス効果を上手く回すことが出来ればそれぞれは小さなダメージでも結果的に大ダメージを与えられたり、中型フォロワーにバフをかけられる。
短所
・手札回しが一番重要なデッキの為安定性が低く、手札やコンボが噛みあわないと本来の威力を発揮できない。
・大型の守護持ちフォロワーなどには小型フォロワーの連続攻撃で立ち向かうには分が悪い。
妖精のいたずらなどのバウンス出来るカードで対策が必要。

デッキレシピ

デッキコード【1k31】
立ち回り方
マリガン(初手の交換時)
低コストカードが多く積まれているが「のターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら」系の効果を持ったフォロワーは4ターン以降から本領発揮なので手札のあるのが理想的。
ターン:1~3
ベビーエルフ・メイなど序盤で出したフォロワーを手札に戻し繰り返し使えるととても便利。
アーチャーなどすぐに除去されてしまっては意味が無い為、アーチャーとフォロワーが出せる時にプレイするため温存。
ターン:4~6
まどろみの森のランダムで攻撃不能にする効果、そしてアーチャーの「自分の他のフォロワーが場に出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」などを利用し相手をけん制しつつ、リノセイウスの「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数と同じだけ+1/+0する」効果を活かして相手リーダーを叩いていきます。
このあたりで勝負を決めておかないと手札・デッキの枯渇や相手の大型/フォロワーが出しやすい状況になってしまうのでここまでに決めておく必要がある。
ターン:7~
ここまで来てしまうとなかなか相手をけん制することは厳しくなってくるので、鳴るべき早期決着を図る。
デッキには使用していませんがエンシェントエルフを入れるとこういった際にも対応できるので、より安定性を求める場合はデッキに組み込んでおくといいかも。
デッキについての感想

最強デッキアンケート

最強デッキはなんだと思いますか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(2)
コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ