シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

4,372PV

自慢のデッキをご紹介!

シャドウバース攻略速報の「自慢のデッキ投稿フォーム」に応募して頂いたデッキをご紹介致します!
プレイングのコツやデッキについて解説つき!
デッキ投稿者:AA0ランク Xear氏

デッキ名「原初ドラゴン」

デッキについて

一応自己流に改造した原初の竜使いジェネシスドラゴン

このデッキの勝利数

AA0にて20戦16勝、勝率8割

プレイングのコツ

覚醒までは盤面を取る。
竜の託宣は覚醒を急ぎたい時(手札に3コスト以下のドラゴンフォロワーと原初の竜使いが既にある時など)には優先するが、基本的には展開や除去優先。
ただ、相手が原初の竜使いかロイヤルデッキの時はエンハンス6を使えるまでサラマンダーブレスはキープしておく。

竜の未来視はエンハンスを使っても使わなくてもいい(たまにジェネシスドラゴンが来るので)。
原初の竜使いは覚醒するまで必ずキープ。
ニュクス原初の竜使いに使用するのが理想ですが、攻撃されないフォロワーには積極的に使いたいところ。

覚醒したら原初の竜使いと3コスト以下のドラゴンフォロワーをガンガン出していく。
原初の竜使いは2体までは同時に出しても構わないが、3体同時に出すと全体除去された時に厳しくなるので非推奨。
盤面ががら空きで原初の竜使いダークドラグーン・フォルテが同時に手札にある時はフォルテを優先。
ジェネシスドラゴンについても同様。削れる時に削る事を意識する。

進化のコツ

優先するフォロワーは優先順に原初の竜使いドラゴンウォーリアダークドラグーン・フォルテ、エンハンスを使用時のワイバーンライダー・エイファが基本ですが、速攻にこだわる必要は無いのでアグロ相手ならきっちり除去のための進化もしていきたい。
一応原初の竜使いなど攻撃されないを持つフォロワーを進化させるのが理想。

フィニッシャーについて

王道なら原初の竜使いの効果と展開したフォロワーで削り殺す。
またはフォルテ大鎌の竜騎などの疾走フォロワーを併用してもいい。
変則的には疾走フォロワーだけで削り殺すことも可能。

例:7ターン目にフォルテ、8ターン目に大鎌フォルテ、9ターン目にエイファ、10ターン目にエイファジェネシスドラゴン 
手札がかなり揃っている必要が有るので一応こんなルートもあると覚えておく程度。
後半なら少しくらいは削れているはずなのでもう少し少ない手札枚数でも可能。

有利・不利なデッキ

ミラー対戦となる原初の竜使いデッキに負けることが2敗と一番多かったです。
しかし、まともな手札なら原初の竜使いにも超越ウィッチにも勝てるので大概のデッキは速度か疾走で押し切ってしまえます。

マリガン(初手交換)

天界への階段はキープ。対戦デッキにもよりますがアイボリードラゴンもキープ。
あくまでも1ターン目に動くためなので二枚ともキープする意味はない。
ドラゴンナイト・アイラは盤面に出しつつPPを増やすため、ドラゴサモナーは手札を減らさずに動くため、スターフェニックスは盤面を取るために、それぞれキープ推奨。
他は基本的に交換してしまって構わない。

代用カードについて

ニュクスは好み。
攻撃されない選択されない、を実現できれば強いが、ドラゴンフォロワーに変えてしまっていい。
どのカードも役割を持つので変えられるカードは少ないが、あえて言うなら竜を育む者・マチルダは別の3コスト以下のドラゴンフォロワーでも構わない。
ジェネシスドラゴンはこのデッキのアイデンティティなので抜きたい人はこのレシピでやる必要は無い。
この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(3)
  • No.
    1

    巫女さん無しでアグロって勝てるのですか?


    • No.
      1.1

      闘気で巫女を代用してるっぽいけど
      流石に無理あるよな


  • No.
    2

    ロイヤル相手だと巫女出す前に死んだりするのはどうすりゃいいの?


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ