シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

6,219PV

デッキ掲載で賞金獲得キャンペーン開催中!

Shadowverse(シャドウバース)のデッキを投稿して掲載されたら賞金獲得キャンペーンにご応募頂いたデッキをご紹介致します!
賞金キャンペーンについてはこちらの詳細ページをご覧ください。
デッキ投稿賞金キャンペーン詳細
デッキ投稿者:Masterランク 砂場の巨人氏

デッキレシピ

デッキ名「スノーマンの逆襲(魔導スノーマン)」

デッキについて

スノーマンの展開力と魔導の力場による相手の予想を上回るバフでワンショットキルを狙います。
またコストを下げた刃の魔術師にバフをかけて勝つことも可能です。

Nターン目 スノーマン展開
N+1ターン目 魔導の力場設置
1コススペルや握撃、導きなどをプレイしてスノーマンを強化してフィニッシュ

このデッキの勝利数

48戦32勝

プレイングのコツ

6ターン目以降の魔導コンボを狙うデッキなので序盤は基本的に超越ウィッチと同じような立ち回りになります。
従って大雑把な流れとしては
1〜5ターン目は相手のフォロワーを除去しつつスペルブーストをする。
6〜ターン目で隙を狙ってスノーマンを展開⇨次ターン力場設置からのフィニッシュ

1コストスペルについて
基本的にスナイプは力場を置いてからでしか使わない。
知恵の光は、手札が弱い時やスペルブーストをしたい時などには使ってもよい。

ミニゴブリンメイジ採用の理由
3ターン目に強い動きがないのと、単純に確定サーチで持ってこれるレヴィが強いからです。
このデッキでは紅蓮の魔術は除去だけでなく重要な1コストスペルとして魔導設置後の火力上げ要因としても使えるので必須級カードと言えます。

有利・不利なデッキ

有利なデッキ:超越ウィッチ、コントロールデッキ全般
不利なデッキ:アグロデッキ全般

このデッキの立ち位置としては対アグロの勝率を上げて対コントロールの勝率を下げた超越ウィッチと言ったところでしょうか。

マリガンの優先度

2ターン目の動きが見えているのならば刃の魔術師、魔導の力場はキープ
後攻時はレヴィ、ミニゴブリンメイジはキープ
あとは2ターン目が動けるようにマリガン。
「自慢のデッキ投稿」と「賞金キャンペーン応募」の投稿は別枠です。
賞金キャンペーンに応募する際は「キャンペーン詳細ページ」からの投稿をお願い致します<(_ _)>



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(6)
  • No.
    1

    刃がいい仕事しますね。
    さっきやっていて、盤面に力場のみの状態から、刃出してエンスナエンスナ紅蓮ルーンで疾走。
    スノーマンが壊滅した状況から勝てました。

    相性や手札状況にとても左右されるので、投稿者さんほどの勝率は出なさそうですが、楽しめるデッキかと


  • No.
    2

    自分も力場使ってたけどミニゴブでレヴィサーチは盲点だった。
    3ターン目がどうしても弱かったので安定して4ターン目にレヴィが出せて使いやすくなった。
    真似させてもらおうと思います。


  • No.
    3

    1コメ2コメのコメントの書き方が同じで草生える


    • No.
      3.1

      コメントしている内容に気づいたのが別の対戦だっただけで、その都度投稿しただけじゃないの?

      こんな事を煽るだけで建設的な意見もないこの投稿こそ草が生えるんじゃない?


  • No.
    4

    なお1コススペルを使わずミニゴブレヴィをやると5ターン目で出せるスノーマンは最大三体。まあ6ターン目で力場しても1枚が限界だろうし超越でよさそう。
    クレイゴーレムだって破壊されるしそもそもスノーマンが出てきて力場警戒しないことはないと思うんだ。
    アグロには轢き殺されコントロールには受けきられそう。
    あと書き方同じか?1コメさんはネタだぞ?


  • No.
    5

    レヴィ確定サーチは実際強そう
    でもアグロにもコントロールにも勝てないから、まあロマンデッキだよなぁ


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ