シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

27,849PV

自慢のデッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるネクロマンサークラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はMasterランク yutyahiko様のネフティスネクロのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

フォロワーを2、4、7、8コストに絞ることでネフティスの効果でデュエリスト・モルディカイを確定で出し冥守の戦士・カムラのラストワード効果で除去と回復を行うことで盤面を制圧することができます。

■採用カードについて
デュエリスト・モルディカイと地獄の解放者以外すべてのカードを3枚積んでいます。
デッキに入れているカードはすべて強力で引きたいからデッキに入れているので、引く確率を少しでも上げるために3積みにしています。
デュエリスト・モルディカイが2枚である理由は序盤からデュエリスト・モルディカイが手札に来る可能性を下げることで手札事故を防ぐためです。

■現在のデッキに至るまで
最初は天弓の天使・リリエルの代わりにソウルハント、ウルズの代わりにネクロアサシンにして運用していました。
第一にソウルハントを抜いた理由については以下の通りです。
確かにソウルハントは序盤の除去と墓地肥やしを担う強力なカードです。

しかし、除去は4点まで対応できる冥府神との契約があり、ゲイザーや2コスト進化後フォロワーをとれるためそちらのほうが優れていると考えます。
その上でソウルハントと冥府神との契約をどちらも採用することで除去がかさばり前半からフォロワーを展開して動くことが難しくなることが多かったため天弓の天使・リリエルに変えました。

次にネクロアサシンを抜いた理由について、このデッキのフォロワーは自分から破壊してラストワードを使いたいフォロワーがこれまたフォロワーランダム除去のよろめく不死者か同コストの地獄の解放者しかいないためシナジーがあまり無く使いにくく感じました。
ウルズは、デュエリスト・モルディカイの増殖や自分の墓地を増やす、進化後の相手フォロワーを戻し一方的にトレードするといったことに使うことができるため大変便利に感じ採用しました。

このデッキの勝利数

50戦35勝

立ち回りのコツ

個人的にですが、このデッキはネフティスに頼り切ったデッキではないという考えを第一に持っていただきたいと思います。
エルフ、ビショップ、ウィッチを相手にする時はこの考えが重要になってきます。

エルフはOTKの場合どのターンまで盤面を処理しながら展開するか見極め、リーサルをとられそうなターンから死の祝福冥守の戦士・カムラベルエンジェルといった守護フォロワーを展開し続けることが必要です。
早めに守護フォロワーを出すと肝心な時に出す守護がいなくなりあっさりと負けます。

ビショップの場合、一般的にデュエリスト・モルディカイ鉄槌の僧侶漆黒の法典の消滅圏内の体力3以下にされないよう立ち回ることが基本です。
セラフビショップの場合8ターン目に封じられし熾天使を置かれると考え、序盤からどんどんフォロワーを展開し、進化を+2/+2として捉えフェイス進化でダメージを稼ぎましょう。意外と勝てます。

本当に厳しいのが超越ウィッチです。
セラフビショップへの対応と同じでフェイス進化で序盤にダメージを稼ぎ、次元の超越コンボが決まるターン以降に死の祝福などで守護フォロワーを多数並べ続ければ勝てることもあります。
冥守の戦士・カムラ一体では無理です。

秘術ウィッチの場合、デュエリスト・モルディカイが消滅させられることを前提に動きます。
冥府神との契約からプルートを出すなど継続的にフォロワーを展開すれば勝てます。
破砕の禁呪デュエリスト・モルディカイと一緒に大量に消滅させられないようケアすることが大事です。

ドロシーウィッチの場合、自分の体力を10程度残して7ターン目の冥守の戦士・カムラ、8ターン目のネフティスに繋げることを目指します。
それまで凌ぎ切るために6ターン目までに進化を使い切ります。
たとえ攻撃する対象がいなくても+2/+2として進化を使います。
なぜならば、このデッキの中盤に展開できるフォロワーは2コストフォロワーでありステータスが貧弱なため、進化を使わなければ除去された後の相手のフォロワーの体力が高すぎるため死の祝福腐の嵐で返すことができなくなるからです。

その他のクラス相手には、いわゆるネフティスネクロの動き通り自分の盤面を空にした状態からネフティスで場を制圧する動きが決まれば勝利が近づきます。
8ターン目に手札にネフティスデュエリスト・モルディカイが両方ある場合がありますが、相手の場にフォロワーがいなくてもネフティスから出しましょう。
先にデュエリスト・モルディカイから出すと後からネフティスを出す時にデュエリスト・モルディカイが邪魔になります。

有利・不利なデッキ

個人的に有利だと思っているデッキはドラゴン全般、ロイヤル全般で不利だと思っているデッキは超越ウィッチと純セラフビショップです。
単純に盤面をとり盤面からダメージを出してくるデッキには有利で、盤面でダメージを止めることが難しいデッキには不利だと考えています。

マリガン(初手交換)

正直、ROB環境において一つのクラスに多数のデッキタイプが存在するため以前のようにクラス毎のマリガンは難しくなっていると感じます。
なので漠然としたマリガンしかできていませんが以下に記します。
①②はどのクラス相手にも共通のマリガンで③④⑤はクラス固有のマリガンです。

①被ってもとにかくキープ
ユニコーンの踊り手・ユニコ天弓の天使・リリエルスパルトイサージェント

②後攻ならキープ
ベルエンジェル冥府神との契約

③ビショップ、ドラゴン、ロイヤルで先攻ならキープ
よろめく不死者

④エルフならキープ
腐の嵐

⑤ウィッチなら先攻でもキープ
ベルエンジェル冥府神との契約

この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>

人気アプリ



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(24)
  • No.
    1

    対ウィッチの勝率が悪い


  • No.
    2

    ウィッチとヴァンパイアとは序盤がキツイからねネフティスは
    とわいえネフティスのバリエーションとして使うと楽しいかも


  • No.
    3

    ベルエンとサージェント外して怨恨と墓守入れた方がいいと思う


  • No.
    4

    スカルウィドウじゃなく何故ベルエンいれてるん?


  • No.
    5

    スカルウィドウって考えてる奴は対OTKエルフのことが頭に入ってない
    OTKエルフのリーサルが来そうなターンに守護持ち出すだけでかなりの抑止力になる


  • No.
    6

    作者です。様々なご意見ありがとうございます。
    まず、対ウィッチの勝率がかなり低い理由は、超越ウィッチとのマッチアップが異常に多かったためで、テンポウィッチには五分とれていますがウィッチに有利ではないのは確かです。
    消えぬ怨恨を入れていない理由については、最序盤で2点ダメージとして使う時以外は、使用すると墓地が一枚減ってしまうのでこのデッキが最も耐えたい5、6ターン目に腐の嵐や死の祝福を打つことが難しくなることが多く、使い勝手が悪かったので入れてません。
    また、怪犬の墓守を入れてない理由についてはこのカードは消滅対策として利用することは非常に難しくただの2/2フォロワーとして利用することが多かったため、同じ2/2で墓地を増やすことができるスパルトイサージェントを採用しました。例えば、ネフティスでモルディカイを出したいのは8ターン目ですが、オーディンを握っている場合返しのターンに投げてきます。その対策として怪犬の墓守と同時に出すことができるのは10ターン目でありかなり遅く、あるか分からないオーディンのせいで展開が遅れるとそれまでに不利になってしまいます。また、秘術ウィッチは変成の魔術でゴーレムに変身させてきますし、ビショップは体力3以下にならないよう盤面を掃除すれば消滅させられません。
    しかし、中盤に重きを置いた型として怪犬の墓守と消えぬ怨恨を入れた型はありだと思います。なぜならば、怪犬の墓守の本質は受動的に相手の消滅を防ぐのではなく、能動的に自分のゴーストの消滅を防いで墓地を増やすことだと考えているからです。その場合、悪戯なネクロマンサーを入れて中盤の除去をしつつ、怪犬の墓守の効果でゴーストの消滅を防ぎ墓地を増やすことで、消えぬ怨恨と腐の嵐や死の祝福の両方を打つことができる墓地の枚数を確保できると思います。
    また、ベルエンジェルを採用している目的は、上の方が書いていただいている通り、OTKエルフや超越ウィッチのバーストダメージが出るターンに少しでも多くの守護を置くという役割があります。また、スカルウィドウとの比較としては、スカルウィドウは攻撃力1がありベルエンジェルは攻撃力が0の代わりに守護を持っているという点です。スカルウィドウは攻撃力1を利用して相手の体力1のフォロワーを処理してくれるますが、ヴァンパイアやエルフくらいしか体力1のフォロワーを展開するリーダーが存在せず、交戦時効果が追加されたせいで、もはやヴァンパイアには吸血貴・ヴァイトに対して1/2がネックとなります。一方、ベルエンジェルは相手フォロワーにダメージを与えることができませんが、フェイスのダメージを抑えてくれるのでこのデッキの最重要目標である7ターン目まで耐えるという役割を担っています。もちろん歴戦のランサーのような2/2守護がネクロマンサークラスにあったら一番良いのですが、以上の比較により、このデッキのコンセプトに合っているベルエンジェルを採用した次第です。
    もちろん、悪戯なネクロマンサーなどを入れて細かいダメージが出せるデッキタイプにはスカルウィドウの攻撃力1が役に立つ場面もあると思います。
    個人的な意見を基にした一デッキタイプの説明と捉えて頂けると幸いです。長文失礼致しました。


    • No.
      6.1

      要約 墓守と怨恨はこのデッキでは不採用だが、おばあちゃんとセットで運用なら有りかも。ベルは守護持ちが有用だからウィドゥより優先した。長文解説ご苦労様だが、目が滑って読みにくいよ。


  • No.
    7

    お前らが見当違いの事書き込まなきゃ長文投稿する必要が無くなるわけだが


  • No.
    8

    ベルエンとウィドウはなるほどだけどリリエルはどんな使い勝手に?にわかネクロですまん。


  • No.
    9

    作者です。反応ありがとうございます。
    リリエルは単純に2コスト2/2フォロワーとして採用しました。
    通常のデッキでは1コストから3コストまで入っているフォロワーをこのデッキでは2コストのみに集めているので2コストフォロワーはこの位の枚数は必要と考えています。
    一応、進化時に一点ダメージを出すことができるので、このデッキでは対処しにくい体力1のフォロワーを倒すのに役立つこともあります。


  • No.
    10

    ベルエンごときでOTKエルフが止まれば苦労しねぇわw


    • No.
      10.1

      止めるというよりOTK成立を遅延させるのにベルが良いんだと思う。OTKエルフはスタッツ1が多いから序盤にベル置くだけでルナの頑張りが違う。後は嵐や進化リリエル・他守護等でどれだけ盤面維持出来るか、それ以上に相手にどれだけコンボパーツが集まらないかの運ゲー。OTKとネフティスが相性悪いなんて当たり前。それでもワンチャン引き寄せる為のベル


  • No.
    11

    君がにわかなのは了解したw
    スタッツの意味ぐらい調べてこようね
    序盤にベルエン置いちゃうあたりで理解してない


    • No.
      11.1

      まぁお前の方がにわかだけどな
      スタッツの意味あってるぞ
      序盤ベルはまぁ無意味だけど
      終盤ベルは有用だけどな


  • No.
    12

    OTKエルフはスタッツ1が多いから

    スタッツ1()


  • No.
    13

    序盤ベルエンジェルはまぁ他にフォロワーいなくてドローしたければありですが、このデッキなら出さない選択肢すらあります。


  • No.
    14

    単体除去が冥府神だけなのが少し怖いな
    よろめくとカムラもいるって言われたらそこまでだけど小回りのきく一閃あたりはどうなんだろう。


    • No.
      14.1

      墓場使ってしまうから、入ってないんだと思います。3点除去ならそれこれソウルハントのが優秀ですし。


  • No.
    15

    ネフティスはモル確定だと、苦手な相手が多すぎるのがなぁ…
    どうしても使いたいからオーディン、バハを死者の帰還で遠回りでサーチする要員として使ってる


    • No.
      15.1

      さすがにそんな悠長な使い方コントロール対決でもできねぇだろwwwwwwwww


  • No.
    16

    よろめく不死者の使い方がいまいち分かりません。
    自壊手段がソルコンのみなので相手に放置されると、ネフティスでの確定サーチがやりずらく、キツいのですが


    • No.
      16.1

      一応ウルズもあるで。
      でもワイも冥府神減らしてネクロアサシン入れたほうがいいのではと思う。


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ