シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

3,489PV

自慢のデッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるロイヤルクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はMasterランク kira@伝説のナス屋様のミッドレンジロイヤルのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

このデッキは、序盤から攻撃的なフォロワーで相手のライフを削りきって勝つアグロプランと、守護や有利トレードで相手の動きに食らいつきつつ盤面を強固にし、ジワジワとライフを削っていくコントロールプランがあり(2つのプランについては立ち回りのコツで詳しく説明します。)、2通りの方法で勝ちにいけるミッドレンジロイヤルです。
また、途中で戦法を変更することも出来なくはないので、柔軟性が高めのデッキとなっています。

【特徴的(?)な採用カードについて】
フェンサー
アグロプランでは火力の底上げ、コントロールプランでは有利トレードを行いやすくすることが出来るので、このデッキのキーカードです。
ですが、このカードの弱点として、
・メイドリーダーのサーチ対象(一応メリットにもなることもある)
・盤面に兵士がいないと1コス重いファイター
・武装強化宝杖の司令官のほうが優秀かもしれない説(ここら辺は好みの問題かもですね)
と色々ありますが、そのデメリットより、盤面を展開しつつ、打点+1or有利トレードが行える、不屈の兵士フェンサーの動きが強い、といったメリットのほうが上回ると判断したので3枚採用しました。

・覇食帝・カイザ
無限リソースを作ってくれる海馬社長。
先攻時にコントロールプランで戦うときの手札枯渇を解消するために採用しました。
試験運用時、このカードではなく、アドバンスブレイダーやミニゴブリンメイジを採用していました。
しかし、アドバンスブレイダーは、5コス帯が重くなり、アグロプランで戦うときに安定せず、ミニゴブリンメイジだとコントロールプランのときにサーチしてくる対象が無くなり、ニートになることが多かったので採用を見送りました。

3コス帯2/2はテンポロス、フェンサーで対象に出来ないというデメリットはありますが、そのデメリットよりも、手札が減りにくくなるメリットのほうが上回ると私は判断しました。
しかし、3積みは重く、枠も無いので、2枚採用にしました。

このデッキのカード1枚1枚に採用した理由がちゃんとあるので、何でこのカードが採用されてるの?(またはその逆)といったご意見等がありましたら、この記事のコメント欄、すぐに返信が欲しいという方は私のTwitter(@kira_shadobaaka)にリプを送っていただけたら可能な限りお答えします。

とまぁここまで結構ベラベラと語っていますが、ここから先もっと長文になると思いますm(_ _)m
自分でいうのもあれですが勝率約8割と好成績です。
このデッキに自信を持って投稿していますが、勝率盛り盛りマンと思われたくないので(というか既に思われている方もいると思いますが…)、疑われないよう一生懸命書いてます…

もう既に長文ばかりでウザいとは思いますが、( ´゚,_」゚)ヒッシダナと思いながらでも全然いいので最後まで見ていただけると嬉しいですm(_ _)m

このデッキの勝利数

50戦39勝(勝率78%)
マスター帯最大10連勝
詳しい戦歴はshadow recordさんで公開しているので、物好きな方は見ていただけると嬉しいです。
syadoreco.com/web/deck_share/23637/31941/analytics

立ち回りのコツ

まずは先程紹介したアグロプランとコントロールプランについて、詳しく説明していこうと思います。
その後にクラス別に立ち回り解説をしていこうと思います。

アグロプランについて
基本的には先攻時にこの戦法で戦います。
ひたすらフォロワーを展開、フェンサーで打点強化、疾走フォロワー等で相手リーダーの顔面をどんどんシバいていきましょう。
また、この戦法で戦うときはツバキは素出しでも全然構いませんが、本当にここで使うべきなのか、よく考えて使いましょう。

理想的なムーブ
ヴァンガード不屈の兵士フェンサーレヴィオンヴァンガード・ジェノやらで盤面処理しつつ攻撃→レヴィオンセイバー・アルベールアルビダの号令→………

コントロールプランについて
後攻時にこの戦法で戦うことが多くなると思います。
序盤はフォロワー同士をぶつけたり、渾身の一振り等で相手のフォロワーを処理。
フェンサーで強化した兵士フォロワーや、フローラルフェンサーで有利トレードしつつ、盤面を構築していきます。
あとは相手の大型フォロワーをツバキで処理、疾走フォロワーをロイヤルセイバー・オーレリアフロントガードジェネラルで相手の猛攻を凌ぎつつ、隙ができれば相手ライフをちまちまと削っていきましょう。
最後はファングスレイヤーレヴィオンセイバー・アルベールで相手ライフを大きく削って勝つ。
といった戦い方になります。

理想的なムーブ
相手の動きに合わせてこっちも動くといった戦い方になるので割愛させていただきます。

ダークエンジェル・オリヴィエが無いので難しいとは思いますが、どちらの戦法でもなるべく進化権を残して戦うようにしましょう。
レヴィオンセイバー・アルベールの10点バーストダメージやアルビダの号令をプレイする際、パイレーツ進化で相手守護を剥がし、ヴァイキングを走らせる、といったプレイングが可能になるからです。

クラス別の立ち回りについて
対エルフ
このデッキが唯一負け越したクラスです(´+ω+`)
長期戦だと、リノセウスでのコンボエルフ古き森の白狼白銀の矢コンボ、冥府への道等で、向こうに軍配があがるのでアグロプランで殺られる前に殺るといった戦い方が有効だと思います。
しかし、向こうには言わずと知れたリ-サルサヨナライオン、フェアリービーストが控えているので、相手ライフをちまちまと削っていくのは難しいです。
なので、盤面を展開、相手に処理を強要し、相手のしたい動きを封じることで、最後にレヴィオンセイバー・アルベールでフィニッシュ。
というように自分は立ち回っています。

対ロイヤル
相手がアグロロイヤルミッドレンジロイヤルならどちらの戦法でもそれなりに有利に立ち回れると思います。
相手のレヴィオンセイバー・アルベールを止められるよう、ここぞというときまで守護フォロワーは大切に取っておきましょう。
ただ、コントロールロイヤルはアグロに強く、コントロールする力は向こうのほうが上です。
非常に厳しい相手ですが、相手の体勢が整う前に殴りきるか、有利トレードで向こうより強固な盤面を作れるよう立ち回りましょう。

対ウィッチ
相手が超越ウィッチとわかったらマーリン以外のフォロワーはなるべく無視してさっさと顔面を殴りにいきましょう。
ドロシーウィッチは基本的にアグロプランで殺られる前に殺りにいきます。
ですが、コントロールプランでもある程度盤面を展開出来ていたら、次元の魔女・ドロシーで超展開されても、ロイヤルセイバー・オーレリア等を出しつつ、盤面を返せるので、戦歴から見てもそこまで不利なマッチングにはならないと思います。
秘術ウィッチとはマッチングしていないので、私の推測ではありますが、かなり厳しい相手になると思います。
ノノの秘密研究室を出されると詰みに等しい状態になるので、相手が事故っているのを祈りつつ、素早く顔面をシバきにいきましょう。

対ドラゴン
実は戦歴上1番得意な相手です。(5戦全勝)
ランプ系なら初動は遅いので、アグロプランでさっさと片付けてやりましょう。
こちらの動きが遅くなってしまってもダークドラグーン・フォルテ等疾走フォロワーは守護でストップ、バハムート等の大型獣はツバキファングスレイヤーでといったように、解答の手段があるので比較的有利には立ち回れますが、なるべくツバキファングスレイヤーといった(条件つき)確定除去が全部で3枚しかこのデッキには入っていないので、なるべく大型獣にぶつけられるようにしましょう。
フェイスドラゴンアグロロイヤルを相手にするときと同じような立ち回りで大丈夫です。

対ネクロマンサー
アグロネクロなら有利なマッチアップ。
相手のフォロワーを1体1体確実に処理し、被ダメを防ぎましょう。
ミミココハウル圏内に入ってしまったら、守護を配置してリーサルから逃げつつ、盤面を展開して相手に進化を使わせましょう。
常にミミココハウルを警戒しておくことが大事です。
ネフティスネクロは冥守の戦士・カムラを出される前に殴りきれないと厳しい相手。
出されないようお祈りしながら音速で顔面をボコっていきましょう。
また、冥守の戦士・カムラを出されても相手ライフがあと僅かならファングスレイヤーで回復効果が発動する前に貫通ダメージが入るのを覚えておくと便利かもしれません。

対ヴァンパイア
相手がアグロヴァンプならひたすら被ダメを減らせるよう立ち回りましょう。
相手の猛攻を凌ぎ、手札を全て切らせたらほぼ勝ち確です。
コントロールヴァンパイアの場合、普通に攻めても除去や回復の手段が豊富なので勝てません。
復讐状態にしない程度に相手ライフを削り、レヴィオンセイバー・アルベール等で復讐圏外からごそっと削る立ち回りになります。
また、ヴァンパイアの回復カードは、こちらの場にフォロワーがいないと使えないカードが多いので(鮮血の口付けやディアボリックドレイン等)、復讐状態にしても、盤面を空にしておけば回復されにくいことも覚えておくと便利かもしれません。

対ビショップ
コントロール系なら厳しい相手。のはずなのですが、戦歴上有利な相手っぽいです。対コントロールロイヤルと同じような戦い方で勝負しましょう。
疾走ビショップは相手が5、6ターン目くらいに強力な動きをしてくるので、それまでに盤面を構築したり、顔面を連打、相手が展開したフォロワーをこちらの盤面の処理に使わせるよう立ち回りましょう。
それを乗り切れば相手は手札がカツカツになっていると思うので、じっくりボコボコにしてやりましょう。

有利・不利なデッキ

有利・・・アグロ全般、ドラゴン全般

微有利・・・超越ウィッチドロシーウィッチミッドレンジロイヤル

不利・・・コントロール系デッキ

不利な相手でも戦歴上勝ててる相手も多いので、プレイング次第でどうにかなると思われます。

マリガン(初手交換)

このデッキはマナカーブ通りテンポ良く出せるよう工夫して組んであるのですが、そのせいで2コスが10枚と、一般的なミッドレンジデッキと比べると少なめになってしまいました。
なので、マリガンをするときは全力で1コス、2コスのカード(先攻時は渾身の一振りを除く)を探しにいってください。
可能であれば3コスのカードも確保しておきたいですね(後攻ならフローラルフェンサーも)。
それとクラス別にマリガン時に確保しておきたいカードをまとめたので良かったら参考にしてください。

対エルフ
守護フォロワー(リノセウス対策)

対ロイヤル
特になし

対ウィッチ
旋風刃(ドロシーウィッチ対策)

対ドラゴン
ツバキ(バハムート等大型獣対策)

対ネクロマンサー
特になし

対ヴァンパイア
渾身の一振り(先攻時でもキープ。アグロヴァンプ対策)

対ビショップ
特になし

この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>


タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(3)
コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ