シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

8,470PV

強力デッキをご紹介!

株式会社Cygamesが開発し『神撃のバハムート』の美麗イラストを使用した本格オンラインTCGゲームシャドウバース(shadowverse)におけるネクロマンサークラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はいせかいじん様のアグロネクロのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!





デッキレシピ




デッキ概要

マリガン(初手交換)

2コスフォロワーがなければ全替え。
あれば先攻後攻問わずケルベロス後攻なら悪戯なネクロマンサーをキープ。
ただし後攻は2ドローになったので他の初手がよければ2コスなくても突っ込むかも。
※前提として潰さないと自分が負けるという場面以外ではフォロワーは無視します。




有利・不利なデッキ

有利:ドラゴン、ウィッチ
不利:ヴァンプ、ビショなどの回復持ちデッキ




立ち回りのコツ

【序盤】
基本的にはファントムハウルとココミミの11点圏内を目指す。
そのために進化は低コスフォロワーにも惜しまず使う。

【中盤以降】
時間をかけすぎると手札が切れるのでなるべく勝負を急ぐ。それでも足りない時にカースドソルジャー、ルシフェルでとどめを刺す。
研磨の魔法は幽体化があまり決まらないから代わりに入れた。
好きなカードに変えていいと思う。




この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>






只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(11)
  • No.
    1

    よわそう


    • No.
      1.1

      その一言だけは流石に可哀想。なんで弱そうなのか理由を言ってあげた方が投稿者の為にもなると思うよ。もちろん投稿者の気分を害するような言葉はやめようね。


  • No.
    2

    低コスに進化使うならルシフェルはそこまで機能しないんじゃ、と思うんてすがどうなんでしょう?


  • No.
    3

    低ラン特有の低コス並べるだけで運が良ければ勝てるだけのデッキにしか見えない
    というか今更Aランなんかのデッキ紹介する意味ないと思う
    今までBランのやつのデッキなんか紹介してなかったし今のAなんか実質Bランだぞ


  • No.
    4

    いろいろ致命的すぎる
    まずハンドが切れやすすぎ
    除去カードがほとんど入ってないから死の祝福とか複数体の守護、GMD出されただけで大分詰む
    ドローカードと除去は最低限入れるべき


  • No.
    5

    なぜ今更A帯のレシピを紹介するのか
    言ってみればAA、マスターがプロならA以下はアマチュア
    プロのスポーツ選手のトレーニングメニューはみんな興味あるけど、そこらの高校生のはどうでもいいのと同じかと
    国体で一位取れた選手がオリンピックでは通用しないのと一緒だと思いますよ


    • No.
      5.1

      オリンピックとカードゲームを同一化してんの?人生掛けてるのを所詮遊びと同じにされちゃ選手もたまったもんじゃないな


      • No.

        いやオリンピックに人生掛けてるようなスポーツ選手はいないだろ・・・
        プロの大会じゃないぞそもそも


  • No.
    6

    進化を惜しまず使うと言ってるくせにトドメはルシにも頼るってアホちゃう?


  • No.
    7

    ランクに囚われずにデッキを評価してやれよ
    低コスで固めるんだったらハンド切れ対策にソルコン、守護対策に除去と幽体化が必須じゃないかな
    あと8コスのルシ入れるくらいならギルガメッシュ入れた方がマシだな


  • No.
    8

    アグロって言ってるのにルシフェル入ってるのは一体・・・
    とりあえずルシフェル抜いてドローソースのコンバージョン入れようぜ


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ