シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

13,059PV

自慢のデッキをご紹介!

shadowverse(シャドウバース)におけるネクロマンサークラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はばすた。様のミッドレンジネクロのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

初投稿なので、いろいろとおかしな点があるかもしれません
しかも現在学生の超駄文なのでそこら辺も理解していただきながら見ていただけると嬉しいです。

エルフはリノセウスコンボさえ気をつければ、デュエリスト・モルディカイで押し切れる場合があります。
ミッドレンジネクロは八ターン目以降に先に盤面をとった方が勝ちです。

アグロネクロの場合は除去を優先し、相手の動きを確実に止めていくと勝ち筋は見えてきます。
ビショップ、ウィッチには消滅などのデュエリスト・モルディカイの天敵となるカードか沢山搭載されているので基本的に不利な展開になります。

勝ち筋としたらビショップはデュエリスト・モルディカイの体力を3以下にならないように調整しつつ、ウルズで増殖させてすべて消滅させるのを困難な状況にする。
プルートででかい守護フォロワーを破壊し不意打ちのような形になります。
ウィッチ相手は超越ウィッチなら相手が事故ってることを願うしかありません。

このデッキの勝率

ロイヤル、ドラゴンには基本的に7〜8の間くらいの勝率。

マリガン(初手交換)

基本的に狙うべきはアグロ、ミッドレンジの場合消えぬ怨恨などの除去スペル、コントロールの場合は序盤から圧迫していくために低コストフォロワーを狙いましょう。
相手がロイヤルの場合はアグロでもミッドレンジでも刺さる腐の嵐も狙うべきですね。
また低コスト帯の狙っているカードが二枚手札にある状態ならば確実にフィニッシャーを出せるようにデュエリスト・モルディカイを狙っていくともありです。

有利・不利なデッキ

有利:ロイヤル、ドラゴン
不利:ビショップ、ウィッチ

立ち回りのコツ

基本的にフィニッシャーはデュエリスト・モルディカイプルートです。
プルートは相手の不意を付くとかなりいい動きをするので使い所はある程度考えて出しましょう。

フィニッシャーが多く搭載されていますが、これは絶対に八ターン目でフィニッシャーを出したいからこんな構成になっています。

低コスト帯にもドローソースをある程度搭載しているので八ターン目には大体プルートデュエリスト・モルディカイは手札にある状態になります。

代用カード

ここはお好みですが、攻めたいのならばヒーリングエンジェルラビットネクロマンサーに変えるのもありです。
この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(8)
  • No.
    1

    ミッドレンジってよりコントロールネクロじゃね、これ。ドラゴンとロイヤルに有利とれるのは今の環境ならいいよね。エルフに不利なのはしょうがないと割り切るしかないけど。


  • No.
    2

    なんで投稿したの?


  • No.
    3

    フィニッシャーを出す場面でライフにかなり差が出てそうだけどどうなんだろう?
    あとヴァンパイアに一切触れてないけど、ハウル入ってないから結構押し負けそう
    ロイヤル戦もフロフェン→乙姫やられた後にモルディカイを出せる余裕を作れるデッキには見えない


  • No.
    4

    これいい確率で初手5~8コスばかりで事故ると思う


  • No.
    5

    多分ネクロマンス足らなくなるのでは?1.2コスのフォロワーが足らなすぎる。乙姫セージで終わりそう


  • No.
    6

    投稿主です!
    いろいろな意見ありがとうございますm(*_ _)m


  • No.
    7

    悪く無いと思うよ
    ソウルハントよりスケルトンナイトとかネクロエレメンタラー増やす方がおすすめ


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ