シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

17,140PV

強力デッキをご紹介!

株式会社Cygamesが開発し『神撃のバハムート』の美麗イラストを使用した本格オンラインTCGゲームシャドウバース(shadowverse)におけるロイヤルクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はclown様のわがままレンジロイヤル
のデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!



デッキレシピ


デッキ概要

デッキについて

デッキ名がわがままレンジロイヤルであるが、これは一体どういうことなんや!?と思われる方が多いと思います。
いろんなマッチアップに勝ちたいからいろんなカードをわがままに詰め込んじゃいました!
このデッキは1コストのクイックブレーダーが3枚に対してわがままプリンセスも3枚入れているのである!←なんとわがまま
A3からAA1まで使ってわがままでクイックブレーダーがでなくて困ったことは数える程度

マリガン(初手交換)

【先攻の場合】
クイックブレーダーキープ2枚はいらない
・2コスは絶対ほしい2枚きたらメイドリーダーなら返す
・3コスはフェンサーほしい他でもあればうれしい
【後攻の場合】
フローラルフェンサーがほしい2枚はいらない
・ロイヤルミラーならわがままプリンセスがほしい
・2コス3コスがほしいかんじ
※先手後手高コストカードは戻してよい

有利・不利なデッキ

有利:ウィッチ
微有利:ネクロ、ビショ、ドラゴン、ロイヤル
不利:冥府エルフ、ヴァンプ

立ち回りのコツ

ウィッチに対しては序盤からがんがんリーダーを狙っていく、押し切ろう。相手の手札が減ればよし。
ネクロに対してはネクロもリーダーにプレッシャーをかけていきたい、有利トレードが取れるなら優先。
有利トレード(一方)では相手のフォロワーが倒れてこちらのフォロワーは生き残るロイヤルミラーでかなり重要。

ビショに対しては序盤からリーダーで陽光を使わせる暇を与えないように6コストからはテミスの審判警戒、できないならしないほうがいい相手も持っているとは限らないテミスの審判回数はカウントしとこう。
サタン引いたら先にサタン出せるような展開へ。

ドラゴンに対しては序盤からリーダーフェイスなら守護が重要、ランプだったらツバキが重要だ。
ドラゴンウォーリアは持っているものだと考えよう。

ロイヤルに対してははっきり言って先攻有利。
先攻であればフェンサーを使い不屈の兵士歴戦のランサーを強化して相手の2コスをとる。
間違っても顔にいったらダメで、後攻であればフェンサーを使い有利トレードしてきた攻撃3体力1にわがままプリンセス
をだしてクイックブレーダーと交換し相手の場にフェンサー2/2こちらの場にわがままプリンセス2/1を残すことができる。
サタンを引いたら場を整理していきたい。

エルフに対してははっきり言って超つらい海底都市王・乙姫根源への回帰されるとつらなので海底都市王・乙姫以外の選択も考えてから行動する。
相手も案外辛かったりするから頑張れ。

ヴァンパイアは何と言っても黙示録!。
復讐にすると4コストになるから4PPは11で渡したい、5PPであれば12で6PPであれば13がよい。
7PPからはあまりきにしちゃいられない、盤面を強くもち一気に攻めつぶせ。

代用カード

サタン:このカード1枚で他にいれたい重いカード遅い戦いに強いカードを入れずに済んでいる。1枚の価値が高いから引き勝負に強くなる。
ツバキ:ドラゴンとやるなら欲しい!3枚なくてもぶっちゃけかまわん、替える候補はフェンサーホワイトジェネラル風神とか。
クイックブレーダー:序盤を強くしたいならヴァンガードのほうがいい、フェンサーも3枚にかえとこう。
ガブリエルアルビダの号令とかドラゴニュート・シャルロットとか


この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>




只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    確かに超わがままなデッキでワロタ
    作成コストもわろた


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ