シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

41,721PV

自慢のデッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるドラゴンクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はまぜらいす様の笛入りランプドラゴンのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

よくあるオリヴィエドラゴン竜呼びの笛を組み込んだレシピになります。
枚数を調整した結果、必ずしも進化に依存する構築ではなくなったため名前をランプドラゴンとしています。

疾走ビショップのフォロワーにヘルフレイムドラゴンの4打点が刺さる事が最大の強みで、ドローソースを積んだ事でエイラビショップや最近増えているコントロール寄りのロイヤルにも粘り強く戦えるようになっています。
以下各カードの採用理由になります。
個人の意見や考察が含まるため、それを元にコメント欄を荒らす人や面倒な人は飛ばしてください。

採用カードについて

アイボリードラゴン】2枚
対エルフの1ターン目に出したいカード。
エルフの少女・リザを気にせずにフェアリーを食える。序盤の1点打点or後半のドローソースとして。7マナで騎竜兵と合わせると収まりが良い。竜の知恵で積極的に燃やせるのもグッド。初手か覚醒後以外で引きたくないので2枚。

ブレイジングブレス】2枚
使い勝手の良い2打点スペル。エルフの少女・リザで腐る。竜の託宣ドラゴンナイト・アイラブレイジングブレスで相手の2/2を除去する動きが強い。その他瀕死の相手フォロワーへのトドメとして。枠の都合とアイボリードラゴンとの兼ね合いで2枚。

ユニコーンの踊り手・ユニコ】3枚
対アグロで必ず引きたいカード。小回りの効かないドラゴンにとって序盤の蓄積ダメージはそのまま致命傷になる事が多いため、それを軽減してくれるこのカードは必須。後半に引いた時は高コストに添えて処理を強要するために使う。特に序盤で引きたいため3枚。

ベルエンジェル】1枚
4枚目の2コストフォロワー。ユニコーンの踊り手・ユニコと違い盤面を守る仕事が出来る。その他疾走対策やリーサル回避、ウルズとのコンボでドローなど。いつ引いてもそこそこ仕事はあるが2コストの引き過ぎは事故原因になるので1枚。

竜の託宣】3枚
説明不要の強カード。覚醒した以降もしばらく仕事のあるカードなので竜呼びの笛を出す時はこのカードが焼けてもいいかを考える。言うまでもなく3枚。

竜の翼】2枚
もはやほぼ必須の全体1点スペル。対エルフで後攻を持った時、2ターン目にフェアリーを除去出来ないと次のエンシェントエルフを処理できず大ダメージを食らうのでその対策に。3コスト帯に竜呼びの笛が入ったのでエンジェルバレッジの枠が2コスト帯にずれ込んだ意味もある。メタカードなので2枚。

ドラゴンナイト・アイラ】3枚
説明不要の強カードその2。ビショップが増えたせいで安定性が落ちた。それでもまだまだ健在のため3枚。

スカイドラコ・エチカ】2枚
漆黒の法典で消されてしまうドラゴンナイト・アイラの代用パーツ。なんだかんだ3/2/3は盤面に残りやすいので素出ししてもそこそこ良い交換が出来る。進化がないとただのバニラなので2枚。

竜呼びの笛】2枚
疾走ビショップのフォロワーの多くがヘルス4かそれ以下のため、ヘルフレイムドラゴンの4打点がよく刺さる。エルフの少女・リザに対する解答でもあり、2/2の多いロイヤルには盤面に残りやすく制圧力が高い。
欠点は枚数消費が激しいので最速で出すとすぐに手札が無くなる点。フィニッシャーは揃っているのであくまでサブプランとして割り切って使う。2枚同時に引きたくはないが、明確に引きたい相手がいるため2枚差し。

★ここまでで1~3コスト帯はちょうど20枚のため、デッキのほぼ半分が竜呼びの笛の効果適用範囲となっている(実際には序盤に使うので15枚程度)。
低コストを多めにして事故率を減らしながら、後半竜呼びの笛で再利用する枚数のラインとしてここに落ち着いた。

ドラゴンウォーリア】2枚
一時期は使用率が落ちたもののロイヤルが増えて仕事も戻ってきた(気がする)定番の4コス。このデッキの中でオーディンと守護を除くと単体で進化ダークドラグーン・フォルテへの解答になる唯一のカード。1:2交換性能は高いがエルフ、ビショップ相手に3打点の使い所はやや難しい。進化がないとただのバニラなので2枚。

グリムリーパー】2枚
疾走ビショップに対するキーカード。覚醒時のスタッツ4/5守護は相手の4打点を耐えつつ相手のヘルス4を一方的に倒せるため、アミュレットから出てくるゴキゲンな動物たち(4/4、3/4、2/1)に対する解答になる。4コストなので死の舞踏で除去された時のストレスも少ない。覚醒前に出すとただのバニラなので2枚。

ジークフリート】1枚
ハイスペックな確定除去。手札にこれがあると安心する。安直に打つと後から大型が出てきて後悔するので使う時は慎重に。本来なら2枚は積みたいがウルズに枠を譲った都合で1枚に。

ウルズ】1枚
2枚1組で様々な仕事をする万能カード。ベルでドロー、ドラゴンナイト・アイラでマナ加速、ジェネシスでバーストは勿論のこと、エンシェントエルフエイラの祈祷などのパンプアップに対する明確な解答になる。本来なら2枚積みたいがダークドラグーン・フォルテを採用していないため事故予防で1枚。引いたタイミングによってデッキの潤滑油として使用する。

竜の知恵】2枚
竜呼びの笛による手札枯渇を防ぐためのカード。この2枠を割くためにレシピがかなり変動した。
引ける枚数がビショップの聖なる願いと同じと考えるとドローソースとしての性能は高くないが、他の4コスト帯と異なり能動的にアドバンテージを取りに行けるカードなので使ってみると意外と悪くない。遅い相手に対して竜の託宣の後に打てればその後の選択肢を広く持て、持久戦にも強い。1枚の時期もあったが竜呼びの笛を使った後に引けないと困るので2枚。

ゴブリンマウントデーモン】2枚
定番のニュートラル守護。ビショップやロイヤルにはマナ加速からこいつを出すのが簡単だが効く。自分の盤面展開を妨げるため3枚は引きたくない事と、ドラゴンナイト・アイラから5マナをスキップして騎竜兵に繋げるムーブが強力な事から2枚。ヘルフレイムドラゴンとの相性もあまり良くない。

騎竜兵】3枚
強カードその3。騎竜兵から9コスに繋げるムーブは単純故に強力。多少の不利ならひっくり返せるので積極的に狙っていく。ドラゴンの勝ち筋を支えるカードのため3枚。

オーディン】1枚
ハイスペックな確定除去その2。栄光のセラフ・ラピスフロントガードジェネラルに対して打つ。長期戦で輝くカード。同時に2枚引くと困る、かつ1試合に2回打ちたい場面があまりなかったため1枚。負ける試合はオーディンを出せずに負ける方が多い。

ダークエンジェル・オリヴィエ】2枚
おそらく新弾の中で最もドラゴンを強化したであろうカード。終盤の進化補充は打点にも盤面制圧にも使える。スタッツの低さと1試合に使いたい進化数を考えて2枚。

ファフニール】2枚
ほとんどの相手に勝負を決めに行ける大型フォロワー。エルフとロイヤルにはこいつが何枚引けるがで勝率がガラッと変わる。
引けないと勝てない試合が多いため本来なら3枚積みたいカードだが、枠の都合で2枚に。1枚分の役割を代わりに竜呼びの笛が担っていると考える。

ジェネシスドラゴン】2枚
フィニッシャー。こいつかファフニールで3回殴れば勝てるゲームなので、とにかく盤面に残すorこいつで削り切る事を意識する。盤面に残ればウルズとのコンボで合計21点出せるので、終盤相手が無傷なら狙っていく。こいつを安全に出せるように序盤のライフをいかに守るかが肝。重いので2枚。

ネプチューンなどを採用せず守護が少ない構成になっているのは、守護を出して相手の盤面にフォロワーを残したままにする事がハイリスクになる場面が多いからです。
死の舞踏などの確定除去から進化を打点にしてフェイスを削られたり、そのままパンプアップに利用されると手が付けられなくなるので、守護はコストを抑えて最低限の枚数にし、こちらから盤面を処理して行ける構成を心掛けました。

このデッキの勝利数

20戦中13勝 勝率65%

エルフ3/5
ロイヤル3/4
ビショップ3/3
ウィッチ2/2
ドラゴン1/2
ネクロ1/2
ヴァンプ0/2

マリガン(初手交換)

基本は竜の託宣ドラゴンナイト・アイラ、相手を見てユニコーンの踊り手・ユニコ、ベル、竜の翼ドラゴンウォーリアなどをキープします。
竜の託宣とセットの時のみ竜の知恵が選択肢になります。

有利・不利なデッキ

仮想敵である疾走ビショップには有利、盤面争いになるロイヤルには微有利になります。
動き出しが早くバーストコンボを持つエルフや超越ウィッチに対してはお互いの引き次第という事で五分、どちらもマナ加速から自分のペースに持ち込めれば十分勝てます。

序盤からゴリゴリ削ってくるヴァンプ、バーストダメージを押し付けてくるネクロは苦手な相手になります。
ライフをきっちり守って守護を上手く活用しましょう。

立ち回りのコツ

ランプドラゴンの基本通りです。
序盤はマナ加速とライフを守る事を最優先に動き、中盤から相手より一回り大きいフォロワーで盤面を取りに行きます。
ダークドラグーン・フォルテを採用していないので見切り発車でフェイスプランに移行すると痛い目を見ます。
ダークエンジェル・オリヴィエ竜呼びの笛竜の知恵など持久戦に強い構成になっているので腰を据えてひたすら盤面争いに持ち込みましょう。

逆にドラゴンで最も多い負けパターンは、序盤にライフを削られてそのままリーサルに持ち込まれる事です。
バーストダメージに長ける相手には序盤からしっかり守りましょう。
ユニコーンの踊り手・ユニコが良い仕事をしてくれます。

竜呼びの笛の使い方ですが、基本的には出せるタイミングで出してしまって良いかと思います。
使うと手札が無くなるのであらかじめ知恵を握っておくか、トップで引く事を祈ります。
アドバンテージだけを見れば強烈なので、基本的に出したらそのまま盤面で押し切るプランに移るのがオススメです。

この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(48)
  • No.
    1

    デッキ解説を丁寧にしてあるのを見ると組んでみたくなる。
    採用理由が明確にあっていいね。
    この前竜呼び当たったから試してみる。
    オリヴィエドラゴン使ってる身としてはネプチューンは守護だけでなく、擬似突進でもあって支えになってくれてたけどこのデッキでは竜呼びが同じ役割になってくれるのかな。


  • No.
    2

    ドラゴンでAAまでかけ上ってきたものの、このところ急激に勝率が伸び悩んでいたので、思わず解説を読み込んでしまったw

    竜呼び3枚引いてしまったのに使い道がわからずフリーで遊んで腐らせていたので、使ってみようと思います。

    ムシュフシュ入れたいと考えてたけど対ビショじゃ教典、ハゲの餌か(´・ω・`)


  • No.
    3

    2枚挿しが多いと引きたいカードを引きたいときに引けない印象なんだけどその辺は知恵でカバーしてる感じなのかな?


  • No.
    4

    なかなか良さそう


  • No.
    5

    解説が丁寧でわかりやすいね、こういう記事が増えると嬉しい


  • No.
    6

    説明読んでもやっぱピン刺し多いのが気になる


  • No.
    7

    ネプチューン不採用マジか


  • No.
    8

    ウィッチ2/2…
    ガン回らないと超越に勝てません。どう立ち回るべき?
    教えて下さいませ


  • No.
    9

    解説も詳しく書かれてて投稿者の考え方など知れて参考になります。使ってみないとわからないですが気になるところは解説も参考にしながら自分なりにアレンジしてみたいと思います。


  • No.
    10

    解説が丁寧で説得力があり読み込んでしまった。機会があれば是非他のデッキも投稿してください。


  • No.
    11

    ピン差しが多くて安定さなさそうだなぁ


  • No.
    12

    使ってみた感想ではドローソースが少ないので少し厳しい感じでした。冥府、超越にはかなり苦戦します。エイラビショップには引きもありますがほぼ勝てません。やはりドラゴンは現環境ではかなり厳しいと思います。
    このデッキもかなりまとまっており強いのですけどね。


  • No.
    13

    強いか弱いかはともかく解説が丁寧で勉強になる


  • No.
    14

    数回しか回してないけど、私的には使いやすいデッキでした


  • No.
    15

    おそらく現環境で最下層のデッキコンセプトで勝率悪くないってだけですげーわ
    超越ウィッチとか自由枠のところでかなり個人差出てくるし、こういう人の解説見たいな


  • No.
    16

    投稿者です。論争になって荒れるかと思いましたが好評をいただけてるようで嬉しい限りです。質問にまとめて答えさせていただくと、
    >ネプチューン不採用
    疾走ビショップを最も重く見たとき、5/5というスタッツが、素のスタッツ3/4以上の進化フォロワー、特に進化ガルラに潰されてしまうため私は抜いて回しました。あとは単純に守護に割く枠の都合です。強いカードなので好みで入れ替えても全く問題ないかと思います。

    >ピン差し、二枚差し
    正直今のドラゴンは環境的に逆風なので、トップメタデッキに満遍なく勝とうと思うと3積みでは種類が足りずカバー仕切れない、また特定の相手に対して不要なカードを引き過ぎて事故を起こす、などが困るためこのようになっています。竜の知恵で無理やりカバーしてる面もありますが、私は引けなかったら負けと割り切るようにしています。環境の上振れを読んでガンメタ張れるなら3積みしたいカードは多いです。(エルフ対策にファフ3積みなど)

    >超越ウィッチに勝つには
    2戦2勝できたのは正直運が良かったというのも強いですが、超越を相手にする時は基本的に不用意にフォロワーを出さないほうが良いです。特に2マナフォロワーは虹で返されるので引かないように祈ります。
    ドラゴンが打たれて一番困るスペルはウィンドブラストと握撃です。逆に言えばこの2枚のブーストが間に合わない速度でフォロワーが出せれば相手は潰れます。そのためスペルの的になるようなフォロワーは極力出さず、ひたすらマナ加速から中〜大型を出すよう専念するようにしています。盤面に残るようにGMDや竜騎兵を進化放置する事もあります。上記のスペルはほとんどのデッキが入っても3〜4枚なので、ブーストを間に合わされたとしてもその枚数を上回る数の大型を連打出来ればそれでも勝ちです。なので最後はやはり運ですね。
    あとは相手が対象を取らずにブーストが溜められるカードを引かないように祈る程度かと思います。


    • No.
      16.1

      追記です。
      ネプチューンの不採用についてですが、7マナで最も強い動きは竜騎兵からのファフニールである事、また上でもコメントして下さってますが7マナでの2枚除去の動きは笛→ヘルフレイム×2で代用可能な事も大きな理由として挙げられます。

      また枚数に関するコメントが多いので積む枚数の基準についてもう少し詳しく答えさせていただくと、一試合で特定の相手に、①n枚は引かないと困る、②n枚引きたい、③n枚は引きたくない、の3つで考えるようにしています。
      エルフ相手に、①ファフニールは1枚は引かないと困る、②本音なら終盤に2枚引きたい、③序中盤に2枚以上引きたくない、となります(私の場合)。3積みすると③が発生する可能性が上がるため、総合的に判断して2枚となっています。エルフを重く見たい場合は優先順位が変わるため、②を重視して3枚になったりします。

      ピン差しの場合は、①1枚も引けなくても困りはしないが、②1枚は引きたい、③しかし同時に2枚以上は引きたくない、となるパターンが多いです。そのため引けたらラッキーくらいのもので、構築単位で依存していないため安定性にはあまり影響がないかと思います。枚数がしっくり来ない方はおそらくこの①〜③の感覚が異なるためだと思いますので、目的に応じて調整していただければと思います。


  • No.
    17

    ベルエンジェルもっと増やしたいな
    竜の翼あるから一コスト帯減らしてピン差しを増量したいな


    • No.
      17.1

      ピン差しを増量 誤
      ピン差しを失くしたい


      • No.

        余談にはなりますが、最初はベルとユニコを2枚ずつ積んで回していたんですが、序盤のライフを守るという役割で考えた時、2ターン目のベルでは相手の盤面と交換にならずそのまま押し切られる事があったので現在の枚数になっています。ベルの真骨頂は中盤に軽く相手のワンアクションを受けて自分の盤面を守れる点だと思うので、枚数をいじる際はそのような事や、中盤にどのカードと一緒に使うのかを意識することになるのかと思います。お好みで調整していただければ幸いです。


  • No.
    18

    ランプドラゴンが疾走びしょに有利とれるのはすごい
    よく考えられたデッキだなあ


  • No.
    19

    こんなに投稿者の言ってることに納得出来たの初めてかもしれない
    採用カードの解説もわかりやすくて驚いた


  • No.
    20

    ピンはある程度割り切ってるってことね
    納得できた


  • No.
    21

    丁寧でいいね


  • No.
    22

    今更だがAA1なのかmasterなのかどっちやねん


  • No.
    23

    何故かピン刺しに抵抗ある人居るよね
    手札に1枚あると強いが2枚抱えても腐るカードってあるよね
    引けなきゃ困るカードはハナからピン刺しない


  • No.
    24

    ゴキゲンな動物たちで草


  • No.
    25

    ぶっちゃけピン刺しはやめろってのは初心者にどっちつかずの欲張りデッキをやめさせて動きを安定させるために言うんであって
    ガチのメタゲームには関係ないからな


  • No.
    26

    最初にデッキレシピ見て、脊髄反射的にこんなん安定しないだろって思ったが、丁寧な解説を見て納得。環境的に逆風なドラゴンで何とか勝ちを拾うために試行錯誤したのが伝わってくる。
    各カードを入れた理由も明確で、デッキ構築の考え方としても凄い参考になった。こういう良いデッキ紹介が増えると良いな。


  • No.
    27

    こういうピン刺し多くて禍々しい変態レシピ大好き


  • No.
    28

    このサイトでこんなに荒れてないとこを初めて見たかもしれん笑
    解説丁寧だし、この方はシャドバやってて1番の醍醐味を味わってるんだろうと思う。


  • No.
    29

    解説有る無しで大分変わるからな
    ドヤ顔でテンプレいじってかつ大した解説なしとかが叩かれてる印象
    今回のは非常に練られてて勉強になるわ


  • No.
    30

    ピン刺しは他のカードゲームでもあるしありだよね
    とってもわかりやすい解説で正直感動しました


  • No.
    31

    これ使ってて面白いわ


  • No.
    32

    ピン差しが怖いのって自分の必殺パターンに持っていける確率が下がるんだよね
    プレイング能力がある人は使いこなせるんだろうな


  • No.
    33

    パターンって言ってもドラゴンじゃ竜騎起点で上位出してドカンくらいだしな


  • No.
    34

    実際使ってみたが疾走ビショに有利とれてるとは到底思えない というかアグロ全般きつい ドラゴンだし仕方ないかもだけど


  • No.
    35

    粘り勝つ構築でいくと今のドラゴンじゃ相手のハンド切れるまでいってもトップ解決で負けること多いんだよなぁ


  • No.
    36

    ドラゴン弱いって言われてるけど、普通に強いと思うんだよなぁ…エイラやエルフに殴り勝てるのは大きい。疾走ビショに勝てないのが難点なのかね?


  • No.
    37

    正直デッキについてで「くっさ…自分語り兄貴かな?」と思ったけどこれだけ情報量多ければ納得するわ


  • No.
    38

    このコメントの流れだけで感動した


  • No.
    39

    いいものを見させていただきました


  • No.
    40

    自演の嵐


  • No.
    41

    立ち回りに対する各デッキの展開を想定して組んで実際の経験から枚数調整されてるところを解説されているのを見て、こういう人がゲームを楽しむユーザーの鏡だと思った。

    ドラゴン不利環境でもこうして改良してるの見ると愛を感じるな


  • No.
    42

    やっとドラゴンを使えるんだね


  • No.
    43

    強い弱いではなく、プレイを楽しめるのが良いですね。


  • No.
    44

    枚数の基準のコメントを自分のヴァンプとロイヤルに実践したら急に勝ち続けてびっくりしました。ありがとうございました。


  • No.
    45

    投稿者です。
    沢山のコメントありがとうございます。対疾走ビショップについてのコメントが散見されるので解説させていただきたいと思います。

    疾走ビショップに対する勝ち筋ですが、あのデッキはカウンドダウンアミュレットの性質上、爆発力がある反面それには波があります。通常5〜6ターン目にかけて大量にフォロワーを展開しますが、それが全て処理されて盤面が空になってしまうと再展開するには数ターンを要します。その隙に盤面を固め、そのまま制圧してしまうのがもっとも手っ取り早いです。

    まずは序盤からマナ加速しつつ、アミュレットが割れるまでにそれを返せる準備をします。ドラゴンウォリアーやジークフリートなどの2枚交換できるカードを使いながら、進化を吐き切っても良いので2ターンの内に相手の盤面を空にします。ほぼこの時点でこちらのライフは半分を切るかと思います。

    1回でもマナ加速が出来ていればこの時既に覚醒状態に入っているはずなので、相手が再展開に時間がかかっているうちに、GMDやグリムリーパーなどの守護で固めながら竜呼びの笛などで相手のフォロワーを返せる準備をします。テミスを握られている可能性が高いため展開のしすぎには注意が必要です。

    相手の動きを見て除去が握られていないと判断したタイミングで詰ませにかかります。ヘルフレイムドラゴンや大型フォロワーを盤面に残し、オリヴィエなどで打点と処理を補充しながら畳み掛けます。オーディンでアミュレットを焼けると勝ちに近付きます。

    お互いにドローソースが引けない場合は、この頃にはお互いに手札が枯渇しています。トップ勝負になればコンボ色が強く即効性の低いアミュレット主体のビショップよりも、笛で確実に中型以上のフォロワーを引けるこちらが有利です。

    最も多い負け筋はガルラを2枚以上引かれ、再展開+フェイスダメージで押し切られる事です。こちらが展開してからトップでテミスを引かれたり、守護を引けない場合も厳しくなりますが、総合で見れば有利と言えると思います。きちんと集計していませんが6〜7割は勝てている感覚です。

    このような対策の動きは他のデッキにも活用できるかと思いますので参考になれば幸いです。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ