シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

12,150PV

自慢のデッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるロイヤルクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はまる様のバフ型マーチロイヤルのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

「数の暴力」をコンセプトとし、広げたフォロワーを最大限活用することを目指したデッキです。
勝率そのものより、プレイの楽しさ・新鮮さを重視して組みました。
フォロワーが横に途切れにくく、一斉に攻め込むのを得意とすることから「マーチ」と呼んでいます。
高コストやスペルが多い構成のため、通常のミッドレンジに比べるとピーキーでやや安定感は落ちますが、代わりにアグロからコントロールまで様々な立ち回りをとれるのが特徴となっています。
良く言えば万能、悪く言えば器用貧乏といった使用感です。

指揮官が海底都市王・乙姫セージコマンダーのみなので、メイドリーダーを活かすことで、高確率で海底都市王・乙姫セージコマンダーのコンボを成立させることができるほか、フォロワーを並べるカードや全体強化カードを豊富に採用しているため、指揮官のどちらかを引けていなくても十分に強い盤面を作ることができます。
主に後半ダイナミックな動きがとれるほか、プレイングの幅が広いため、単純に使っていて楽しいです。

このデッキの勝利数

直近100戦の勝率は画像の通りです。
まだAA帯の頃で、デッキの内容もわずかに違いますが、13連勝まではできました。
※ 途中でデッキ内容を微調整しているため、厳密に上記の構成での勝率というわけではありません。

マリガン(初手交換)

基本はスペルを捨てつつ、1~4コスのフォロワーを拾います。
4~5ターン目に強い動きをとりづらいデッキなので、先攻でもフローラルフェンサーはキープしてもいいことが多いです。
海底都市王・乙姫は相手がロイヤルで自分先攻時、または相手がビショップならキープ、セージコマンダーメイドリーダーがいる場合のみキープします。
また、ヴァンガードオースレスナイトアセンティックナイト激励の舞のうち2種類以上揃っていれば、上記の勝ち筋1を目指して、残りのカードを引きにいくこともあります。

有利・不利なデッキ

【有利】
各種アグロデッキ

【不利】
超越ウィッチ

※上述の通り相手のパワーカードを上手くかわせるかどうかで戦局が非常に大きく変わるので、明確な得手不得手はなく、「あらゆるデッキに対して有利にも不利にも転びうる」というのが実際の感覚です。

立ち回りのコツ

非常に癖が強いデッキなので、おそらく立ち回り次第で勝率が大きく上下します。
かくいう自分も正直模索しているところで、以下の話はあくまで現環境での自分なりの基準です。

相手の除去をかいくぐることができるかどうかで、ほとんど勝負がつきます。
基本的には4ターン目以降、1回でいいので、ターン開始時に既に自分の盤面に3体以上のフォロワーが残っている状態を目指しましょう。
そのため押し引きのメリハリを作ることが重要です。
常にフォロワーを横に展開するのではなく、相手の除去が追いつかないタイミングで一気に戦力を投入できるよう、序盤からプレイ順序を考えておく必要があります。
特にこのデッキは4, 5ターン目に強い動きをしにくいので、後述の勝ち筋のどちらを目指すかによってプレイの仕方が180度変わってくる点に注意が必要です。

ただし、強化を前提としている以上個々のフォロワーは低ステータスのものが多く、相手に有利トレードされやすいので、展開から強化へと切り替えるタイミングを見逃してしまうと一気に盤面を制圧され、そのまま惨敗してしまいます。
バフを打つことでこちらから有利トレードを仕掛けることができる状況であれば、「もっと並べてから…」と欲をかかずに、さっさと強化してしまうという選択肢も用意しておきたいところです。

除去力の高いカード全般が天敵なので、常に相手の除去スペルや強力な守護の残数を意識し、後半であっても必要に応じて「囮を出す」「ツバキ疾風怒濤などの除去手段を引きにいく」など、一時的に盤面の優位を手放すことを求められる場面も少なくありません。
最低限、相手が全体除去スペルを持っていてもおかしくない状況下では、むやみに全戦力を投入しないよう注意しましょう。

◆勝ち筋1: アグロパターン
序盤から積極的にフォロワーを展開し、4ターン目に激励の舞で強化して押し切るパターン。
相手のフォロワーは基本的に無視して、5~7ターン目でのリーサルを目指します。
アミュレットを置くために序盤の除去が遅くなりがちなビショップ相手のときや、こちらが先攻時に有効です。
4, 5ターン目あたりで目処が立たなければ、ペースを落として勝ち筋2に移行することもできます(ただし最初から勝ち筋2を想定した動きよりは息切れしやすいです)。

◆勝ち筋2: ミッドレンジ~コントロールパターン
5, 6ターン目以降立て続けにフォロワーを展開し、全体バフを交えて一気に盤面を取り返すパターン。
序盤は相手フォロワーの処理やメイドリーダーによるサーチを優先するため、盤面劣勢になりがちですが、辛抱強く耐えましょう。
フローラルフェンサーを引けていると非常につなぎやすくなります。
仕掛ける目安としては8ターン目が狙い目です。
展開が間に合っていればセージコマンダーの他にも「軍師の妙策激励の舞」や「激励の舞×2」、展開が追いついていなくても「海底都市王・乙姫疾風怒濤」、指揮官自体なければメイドリーダーで引いてそのまま出す、など強力な動きを取りやすいです。
コントロールデッキなどを相手取っていると、後半強力な除去が繰り返され、バフカードや疾風怒濤軍師の妙策あたりが腐ることもありますが、海底都市王・乙姫アルビダの号令などを引ければ比較的容易に息を吹き返すことができるので、諦めずに粘ることも重要です。
実際の勝負ではこちらの勝ち筋に乗るケースが多いです。

この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(4)
  • No.
    1

    いつも思うんだけど、何でこんな勝てるんだろうね
    今とかミッドロイヤル溢れかえってるし似たようなデッキも多いのに、8割勝てるとかどういうことって思う


  • No.
    2

    データが古すぎる


  • No.
    3

    ミッドロイヤルより優れてる点はオーレリア抜いた分の展開力ただ一点だけなのに、激励妙策疾風迅雷の8枚で自分からテンポ捨てに行ってるよね…
    事故率の面でも8枚は有り得ない

    ミッドロイヤルがアグロに強いのはオーレリアの存在も大きいわけだけど、もしかして解析データがそうなってるからこのデッキもアグロに有利なはずだ!とか思ってるわけじゃないよね
    テンポロス大きくて事故率高くてオーレリアのいないこのデッキでアグロに有利とはとても思えないんだけど


  • No.
    4

    試しに使ってみたけど、アグロより展開力があって強化もできるから、殴り合いで先にHPが尽きるのは相手だった
    対ミッドロイヤルも同上。基本的に殴り勝てる

    とは言え、やはりこのままだと事故率が高く、完成度が低いと言わざるをえない
    短期決戦がしたいのか長期戦がしたいのかどっち付かずで使いづらい
    コンセプトはいいのにデッキビルドが上手く行ってない
    このデッキはもっと理詰めで取捨選択した方がいいと思われる


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ