シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

61,111PV

強力デッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるドラゴンクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介は砂まみれハム様のフェイスドラゴンのデッキレシピをご紹介!
デッキについての一言も頂きました!

デッキ詳細

レシピ・マナカーブ

マナカーブ
生成 フォロワー スペル アミュレット
15,600 30 10 0
デッキコードを発行する
レア コスト 枚数 カード
1 1 ゴブリン
1 3 アイボリードラゴン
1 3 ブレイジングブレス
2 3 大嵐のドラゴン
2 3 ファイアーリザード
2 3 ドラゴニュートスカラー
2 3 ムシュフシュ
2 3 竜の伝令
3 1 エンジェルバレッジ
3 1 ドラゴンナイト・アイラ
3 3 トリニティドラゴン
3 2 プリズンドラゴン
3 3 鉄鱗の竜人
4 1 デモンストライク
4 2 ジークフリート
5 2 死の舞踏
6 3 ダークドラグーン・フォルテ

立ち回りのコツ・一言コメント

構築で一番意識した点や対戦で一番気をつけたことはフォロワーの体力です。
主に重要視している攻撃されないフォロワーの体力を進化して処理などに使わないことで4を維持することで漆黒の法典などの処理から守ります。

あと他のフェイスドラゴンと違うのは竜の伝令ダークドラグーン・フォルテを確定サーチできない点ですが、死の舞踏の利点の方が大きいと考えたため採用しました。
対ロイヤル戦では5PPで3体並べない等の細かい立ち回りも重要です。

元ツイート

この度は掲載に当たり掲載許可だけでなくコメントまで頂きありがとうございました!
より皆さんがシャドウバースを楽しめるよう参考になれば幸いです(^O^)!


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(17)
  • No.
    1

    ドラゴンはフェイスしか記事が上がらないけどもうフェイスしか生き残れないのか?


  • No.
    2

    オリヴィエドラゴンはまだ元気やろ


  • No.
    3

    まあ6ターン目が山場の今の環境じゃ主力カード殆どが役に立たないからなぁ


  • No.
    4

    新環境始まった際って皆試行錯誤してたから連勝とかあてにならなくね


  • No.
    5

    人気3種の下にいる各種フェイスアグロデッキがランプ系ドラゴンの天敵


  • No.
    6

    悪くはないデッキだと思うけどドラゴン的な勝ち方じゃないのがつらいところ


  • No.
    7

    なんもかんも舞踏が悪い
    GMDの悲しい姿を何度見たことか…


  • No.
    8

    ゴブリンピン刺しって意味あるんか


    • No.
      8.1

      覚醒してなきゃアイボリーもゴブリンもかわらんから1ターン目から動ける可能性増やしてるだけだろ


  • No.
    9

    除去はジークに任せて伝令確定フォルテの方がまだ良くね?


  • No.
    10

    環境によって舞踏outデモスト3でも良いかも
    ただ、ハントやジークはプラスαが必要なところを一枚で顔面火力&除去になる舞踏の強さも分かる、手札カツカツだからね
    フォルテだけで削れない6〜8点をどうするかは人によって工夫が有って面白い


  • No.
    11

    個人的には伝令いらないんだよなー。舞踏とフォルテ二択になるなら伝令入れたくない感じ。伝令の代わりにフォロワー厚めにしたほうが俺は好みだなー。サンドストームは入れないのかな?だいたい4ターンまで生き残るし進化フォロワーで殴ってきた返しにハントやジークうつのが強いと思うんだけど。


  • No.
    12

    ホント、強いんだけど、ドラゴンらしくないぞこのデッキ!!
    やっぱ、オリヴィエドラゴンのあの豪快さがドラゴンだと思うから、あまりにも負けが込んだらこのデッキに頼らせてもらいます。
    うp、感謝です


  • No.
    13

    伝令もフォルテも3積みしててもPP7までに引けずに負けるんだけどマリガンで取っておくべきなの?


  • No.
    14

    強いかこれ…


  • No.
    15

    ドラゴンデッキとしてどうなんだ?まあ、
    強いけどさあ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ