シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

1,343PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントと優先的に作るべきカードについて解説していきたいと思います。

最初に

第五回の講座ではコンボに使えるカードの代用についての説明を行いました。
第六回は、より強いデッキを作るためにも必要な「勝ち筋を考えてみよう」についての説明をしていきたいと思います。

勝ち筋を考えてみよう

前回までの講座では主にデッキ内に入れるカードをメインにした内容を取り扱いましたが、今回はそこから少し離れて戦略寄りのお話をしたいと思います。
今回の講座では「勝ち筋」について説明を行うのですが、まずはそもそも勝ち筋とは何なのかを確認していきましょう。

勝ち筋って一体何?

カードゲームには勝敗条件が設定されています。シャドウバースの場合には多くの場合「相手のライフを0にすること」が勝利条件で、最終的にそこを目指して戦うことになります。
ざっくり言うと勝ち筋とは、この「勝利条件を満たすためにどのような動きをすればいいのかという流れ」のことです。
実はこれを意識するかしないかというのはとても重要で、カードゲームで勝てるようになるための第一歩と言っても過言ではありません。
例えるなら、道順をしっかり把握して目的地に向かう人と、適当な方向にどんどん歩いて目的地を目指す人なら、前者の方が目的地にたどり着ける確率が高いのと同じです。
では、今回も実際に使われていたデッキを例に挙げて説明をしていきます。

勝ち筋【アグロネクロの場合】

例として使いやすいため、今回は初期の環境で使われていたアグロネクロデッキを使用します。
アグロネクロの戦法は序盤から小型のフォロワーをどんどん展開し、相手の処理が追いつかないうちにライフを0にしてしまうというものです。
このデッキには試合を決めるためのコンボが組み込まれています。それがこちら
ケルベロスファントムハウル(各カードの効果はリンクを参照下さい)
厳密に言うとケルベロスのファンファーレ効果で手札に入るミミココファントムハウルと組み合わせたコンボで、通称ミミココハウルと呼ばれます。
PP5でケルベロスを出した後に、PP6でファントムハウルミミココを使用することで、進化込みで11点のダメージを相手リーダーに与えることができます


つまり、手札にこの二枚が揃っていれば、PP6の時点で進化権を残して相手リーダーのライフを11まで削れていれば勝ちということです。
これだけ聞くと当たり前と思われるかもしれませんが、これを意識することで目的が「ターン制限無く20点ダメージを与える」から「5ターン以内に9点のダメージを与える」に変わるため、自分の動きを決めやすくなります。
また、デッキを組む際にも1~4ターン目(5ターン目はケルベロスを出すため)に相手にダメージを与えやすくなるカードや、ミミココハウルが出来なかった時の保険となるカードを入れればいいということが分かるので、大きな助けになります。

 

終わりに

今回はアグロネクロを例に挙げて「勝ち筋を考えてみよう」の説明を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。
次回は、「勝ち筋を考えるためのコツ」についての説明を行いたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました!



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ