シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

1,439PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントや勝てるようになるコツについて簡単に解説していきたいと思います。

最初に

第十回の講座ではデッキタイプの分類の中でも大きな括りで使われる3種類のデッキタイプについての説明を行いました。
第十一回は、前回紹介した3つのデッキタイプの関係と、より細かいデッキタイプの分類についての説明をしていきたいと思います。

より細かいデッキタイプの分類

今回はより細かいデッキタイプの分類について説明をしていくのですが、その前に前回紹介した3つのデッキタイプの関係性についてお話します。
まず前回の3つのデッキタイプを簡単におさらいすると

アグロ:相手リーダーのライフを削ることに特化した序盤~中盤に強いデッキタイプ
コントロール:相手のキーカードを的確に処理することで相手の戦力を削ぎ、盤面を操作するデッキタイプ
コンボ:特定のカードを組み合わせた強烈なコンボを決めることで相手を圧倒する中盤~終盤に強いデッキタイプ

このようになります。この3タイプのデッキはじゃんけんのような力関係になっており、アグロはコントロールに強くコンボに弱い、コントロールはコンボに強くアグロに弱い、コンボはアグロに強くコントロールに弱い、と一般的に言われます。
しかし、シャドウバースの場合はゲームコンセプト自体が長時間の対戦を見据えていないせいかアグロが強めに設定されており、コンボに対しても五分以上に戦えるようになっています。
では、それぞれのデッキタイプにどんな細かい分類があるのかというのを見ていきましょう。

アグロタイプ

主なデッキ:アグロネクロ・アグロロイヤル・御旗ロイヤル・疾走ビショップ・フェイスドラゴンなど

アグロネクロ・アグロロイヤル・アグロヴァンプ

アグロネクロ・アグロロイヤル・アグロヴァンプはアグロデッキの中でも典型的なアグロデッキに近いデッキで、並べやすい小型のフォロワーと敵リーダーにダメージを与えるスペルをメインに採用したデッキです。
アグロネクロは墓地を消費して強力な効果を発揮するネクロマンス、アグロロイヤルは兵士フォロワーを強化する効果、アグロヴァンプは自分もダメージを受ける代わりに軽いコストで強力な効果を発揮する、などの違いはありますが、基本的にはフォロワーを並べてリーダーを攻撃する戦法で一貫しています。

御旗ロイヤル・疾走ビショップ

御旗ロイヤルと疾走ビショップはアミュレットを使用するアグロデッキです。
御旗ロイヤルは王家の御旗という場に出た兵士フォロワーのパワーを+1するアミュレットを置くことで小型の兵士フォロワーを強化し、相手に負担をかけていく戦い方、疾走ビショップはカウントダウンが0になると疾走を持ったフォロワーが出てくるアミュレットを置き、進化や強化を絡めて相手のライフを削っていく戦い方をします。

フェイスドラゴン

フェイスドラゴンはトリニティドラゴン等が持っている「このフォロワーは攻撃されない」と言う効果を持ったフォロワーを展開・強化していくことで、相手にフォロワーの処理をさせずにライフを削っていく戦い方をするデッキです。
今は使いやすい除去スペルや守護持ちが増えてきたので環境から消えてしまいましたが、初期は中々に対処が面倒なデッキでした。
また、フィニッシャーに疾走を持ったダークドラグーン・フォルテがいることも強みで、コスト5以上のカードをフォルテのみに絞って竜の伝令で確実に手札に加えられるようにする構築が流行りました。

終わりに

今回は「デッキタイプの推測(より細かいデッキタイプの分類)」から、アグロデッキの紹介を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。
次回は、「デッキタイプの推測(より細かいデッキタイプの分類)」から、コントロール・コンボデッキの紹介を行いたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました!



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    超越やOTK系をコンボとすると、3タイプの力関係が全て反対ではないでしょうか?


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ