シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

658PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントや勝てるようになるコツについて簡単に解説していきたいと思います。

最初に

これまでの講座で、大雑把にですが初心者が意識すべきポイントについてはあらかたお話をできたかと思います。今回は、加えてこれを頭に置いておくと上達が早くなるというポイントをまとめていきます。

+αで意識すると良いこと

盤面処理とリーダーを殴ることのバランスが大事!

シャドウバースにおいて最終目的は相手リーダーのライフを0にして勝つことです。
しかし、相手のライフを削ることばかりに意識が向いて相手の盤面にノータッチでは、相手に好き放題やられて負けてしまいます。
では、盤面処理をすべきなのかリーダーを殴るべきなのかの判断はどう下せばよいのかというと、数ターン先の自分の状況がどうなっているかを予測してみると自ずと決まります。
例えば、自分が勝負を決められるビジョンが見えない状態で、このまま相手フォロワーを放置すると自分のライフを削りきられてしまう、相手がコンボを成立させるために盤面を整えている、などといった状況では盤面処理が優先になります。
逆に、このままいくと自分が先に勝負を決められる状態ならば、盤面処理をせずにリーダーを殴りに行くことが勝ちに繋がります。
基本的には盤面処理は勝ちを取りにいく行動ではなく負けを遠ざける行動です。
最低限負けを遠ざけつつ、勝ちを取るためにリーダーを殴る。このバランスを取れるようになると、一気に上達します。

デッキ内のカードの把握をしよう!

先の状況の予測をするのに欠かせない要素の一つがデッキ内のカードの把握です。
自分の使用したカードや手札のカードからデッキ内に残っているカードを計算し、次のターンで引きたいカードを予め意識しておくことでリーサルの見落としを減らしたり、危機的状況の回避が出来たりというメリットがあります。
また、ドローカードを使用する際に状況打破が出来るカードをどれくらいの確率で引き込めるかが分かるため、行動の目安にもなります。
同様に相手の使用したカード枚数を把握しておくことも大切です。
カードの枚数は最大でも3枚なので、3枚使用されたカードはもう使われることはありませんし、2枚使われたカードはもう一度使われる可能性がグッと下がります。
相手の採用枚数を知ることは出来ないので3枚使用されたカード以外はあくまで予測になりますが、カードゲーム自体がそもそも確率の要素の塊なので、より最適に近い行動を取るためにもカード枚数の把握は大切と言えます。

対戦後は強くなる絶好の機会!

カードゲームだけに関わらず、対戦型のゲームにおいて対戦直後は絶好の上達機会です。
対戦直後はまだ対戦内容の記憶が鮮明で、相手から何をされて負けたのか、負ける発端になった行動、自分がしてしまったミス、警戒すべきポイントなどがしっかりと思いだせるはずです。
実はこの思い出しがとても重要で、これをしっかりと行うことで自分の経験値が貯まる効率が格段に上がります。
対戦が終わったからと言ってさっさと次の対戦に移るのではなく、取るべきだった行動や対策になりそうなカード・戦略などを必ず考えてみましょう
また、対戦で勝った場合にも同様で、より良いプレイングが出来るポイントが無かったかどうかを考えてみて下さい。
その積み重ねが必ず上達に繋がります

 

終わりに

今回はより強くなるために必要な+αについてお話を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。

ここまでお読み頂きありがとうございました!


タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ