シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

1,344PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントと優先的に作るべきカードについて解説していきたいと思います。

最初に

第一回の講座ではデッキ構築の導入部分について簡単に触れました。
第二回は、第一回で出てきた「相性のいいカード」についての説明をしていきたいと思います。

相性のいいカードとは?

最初に、相性のいいカードを大まかに3つに分類すると
・デッキの動きを円滑にするカード
・デッキの主な戦力になるカード
・デッキの弱点を補うカード
と、分けられます。この3つについて、順に説明をしていきたいと思います。

デッキの動きを円滑にするカードとは

デッキの動きを円滑にするカードとは、前回例に挙げた竜の託宣竜の闘気のような自分がやりたいことをスムーズに行えるようサポートするためのカードです。
例えば、ウィッチでスペルブーストを効率よく行うために知恵の光マーリンが採用されるのや、ネクロマンサーで墓地を肥やすためにスパルトイサージェントスカルビーストが採用されるのはこのためです。
これらのカードは、カードのキーワード(スペルブースト、指揮官等)や「手札を捨てる」等の特定の記述に注目することで比較的容易に見つけることが出来ます。

デッキの主な戦力になるカードとは

シャドウバースの最終的な目的は相手のライフを削りきることなので(一部例外あり)、デッキの動きを円滑にするだけでなく、必ず戦力になるカードを入れる必要があります。
デッキの華とも言えるカードで、基本的には戦闘に関する効果を持っている、強固な防御を誇る、出すことで盤面をひっくり返せるといったフォロワーが選ばれることが多いです。
ただ、これらのカードは強力な効果を持つものほどレアリティが高くなりがちで最初は揃えることが難しいので、自分の所持カードの中から主戦力となるカードを軸にデッキを考え始めるのも手です。

デッキの弱点を補うカードとは

シャドウバースは対戦型のカードゲームなので、相手も相手のやりたいことを進めたりこちらの動きを妨害しようと色々なことをしてきます。
そういった時に、自分のやりたいことだけを詰め込んだデッキでは相手の行動になすすべもなくやられてしまうことがあります。
例えば、アグロデッキと呼ばれる序盤から小型のフォロワーをどんどん展開して早い段階で敵のライフを削りきることを目的としたデッキが相手の場合、敵の攻撃や展開を止められなければ5~6ターン目にはライフを削りきられて負けてしまいます。
そういった相手にもある程度対処をできるようにするため、自分のデッキが終盤に強いデッキならば軽いコストで使える除去スペルや守護持ちを入れたり、序盤~中盤に強いデッキなら大型のフォロワーを破壊できるスペルを入れたりすることで、戦える幅がグッと広がります。

 

終わりに

今回は初心者の方に向けたデッキと相性のいいカードの説明を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。
次回は、「デッキにコンボを組み込んでみよう」についての説明を行いたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました!



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ