シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

997PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントや勝てるようになるコツについて簡単に解説していきたいと思います。

最初に

第十二回の講座ではコントロールデッキとその立ち位置についての説明を行いました。
第十三回は、コンボデッキの紹介とデッキタイプの特徴についての補足をしていきたいと思います。

続・より細かいデッキタイプの分類

今回は前回ご紹介したコントロールデッキに引き続き、コンボデッキについて紹介をしていきます。

コンボタイプ

主なデッキ:偶像ビショップ・コンボエルフ等

偶像ビショップ

一線級のデッキに含まれるデッキタイプではないのですが、形として分かり易いためまずは偶像ビショップを紹介します。
偶像ビショップは狂信の偶像の自分ターンの終了時に自分の場のアミュレットを全て破壊する効果を利用し、強力な効果を持つアミュレットのラストワードを即発動させることによって盤面を制圧していくデッキです。
偶像は自分が攻撃出来ない代わりに相手から攻撃されない効果を持っているため、スペルや効果で破壊されないされない限り場に居座れるフォロワーです。
ビショップのカウントダウンアミュレットはカウントダウンのタイムラグを考慮して破格のコストパフォーマンスに設定されているのですが、そのカウントダウンを偶像の効果で踏み倒すことで大きなアドを生み出すことが出来ます。

コンボエルフ

コンボエルフと一口に言っても様々なデッキタイプが存在するので、今回はOTKエルフと言われるタイプのデッキを紹介します。
OTKエルフとは同ターン内で自分が使用したカードの枚数分パワーが上がる疾走持ちのフォロワーリノセウスと、エルフプリンセスメイジ歴戦の傭兵・フィーナ等のコストを踏み倒すカードを組み合わせることで、1ターンで大量のライフを削り取ることを目的としたコンボデッキです。
手札に特定のカードが揃った状態で相手の場に守護持ちがいなければコンボが成立するため妨害が非常に難しい上に、ドロー加速をするカードやコンボパーツをサーチするカードを無理なく組み込めるためコンボ成功率も高く安定しているという特徴があります。

 

デッキタイプと相性の補足

アグロ・コントロール・コンボのデッキタイプに関して、説明が足りなかった部分を補足していきます。
以前の講座内でお話した通りアグロは序盤から攻め立てるデッキタイプ、コントロールは相手に合わせて妨害をするタイプ、コンボは中~終盤に必殺のコンボを決めるタイプなのですが、デッキに採用されるカードの種類の比率に大きな違いがあります。
アグロはその多くが小型のフォロワー(またはフォロワーを出すスペルやアミュレット)、コントロールは除去系の効果を持ったスペルやドローカード、コンボはコンボパーツを集めるためのカードやフォロワーという風になっています。
そのデッキ構成上、コントロールはアグロの小型フォロワーを処理し切れないためアグロに弱く、コンボはコンボパーツを潰されるためコントロールに弱く、アグロはフォロワー中心なのでコンボを止める手段が無いことからコンボに弱いと言われています。
しかし、前回もお話した通りシャドウバースには相手の行動を止めるカードが無いことや、ゲームデザイン的に小型のフォロワーが強めに作られていることから、コントロールが弱めにアグロデッキが強めになっていると言えます。

終わりに

今回は「デッキタイプの推測(より細かいデッキタイプの分類)」から、コンボデッキの紹介を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。
次回は、「デッキタイプの推測(相手の使用カードに注目しよう)」についての説明を行いたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました!


タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ