シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

1,053PV

ここでは、初心者・無課金の方を対象に、数回に分けてデッキ構築を行う際のポイントや勝てるようになるコツについて簡単に解説していきたいと思います。

最初に

第十四回の講座では「相手の使用カードに注目しよう:アグロデッキ」の説明を行いました。
第十五回は、「相手の使用カードに注目しよう:コントロールデッキ①」の説明を行いたいと思います。

コントロールは中々に曲者

今回はコントロールデッキについてのお話をしようと思うのですが、まず最初に。
「コントロールは色々な意味で面倒」
です。
そもそも、コンセプト自体が相手の妨害をする事なので、相手にした場合こちらの思惑通りにはまず事が運ばないくらいの気持ちで挑まないとストレスがたまるかもしれません。
また、一部のコンボパーツ以外は基本的に枠に縛られないタイプのデッキなので、相手の行動を読み切るのがとにかく難しいのもコントロールの特徴です。
それでは、コントロールタイプのデッキの判別と対策について説明していきます。

コントロールタイプ

使ってくる可能性が高いリーダー:ヴァンパイア・ウィッチ・ロイヤル(まれに)

コントロールデッキの判別

コントロールデッキかどうかの判別をする方法は、相手のフォロワーの展開が少ないかどうか、場のカードを除去するカードを多用してくるかです。
上でも述べた通り、コントロールデッキは相手を妨害する戦術をメインとするデッキタイプ全般を指すので、このカードを使ってきたらコントロールデッキ!という風には言えません
ただ、傾向としてスペルの割合が他のデッキに対して多いので、上記の条件のどちらかに当てはまった場合はコントロールデッキの可能性が高いです。

コントロールデッキの対策

コントロールデッキへの明確な対策をすることは難しいです。しいて言えばコントロールが除去し切れない速さでフォロワーを展開することなのですが、その場合はデッキ構築から対策をしていないと無理なので対策とは言い難いのが正直なところです。
ただし、相手の思い通りに除去をさせないことで、逆に相手の息切れを狙う戦い方は可能なので、それについてお話します。
まず、除去カードの種類についてですが、大まかに分類すると①単体除去(ダメージ)②単体除去(確定)③範囲除去(ダメージ)④範囲除去(確定)⑤ランダム除去があり、大体は⑤を除き①から順にコストが重くなっていきます。
この中で特に警戒しなければならないのが③と④の範囲除去で、無警戒でフォロワーを並べると1枚のカードで全滅させられてしまう可能性もあります。
そこで、範囲除去が絶対に飛んでこないPP帯の時は全力でフォロワーを並べ、PP5・6辺りでは展開の手を緩めて相手の全体除去を誘い、相手が除去を撃ってきたのを確認したら再度展開を始める、のようにカードの出し方に緩急をつけることによってコントロール側に対して嫌な動きをすることが出来ます。
②の単体確定除去に関しても同様で、こちらの大型のフォロワーを確定除去で倒されてしまうと相手の思うつぼになってしまうため、大型のフォロワーを出せる場面でもあえて中型のフォロワーを出すことで相手の除去を誘い、撃たれた後に本命を出すことで相手からすると嫌な動きと言えます。

 

終わりに

今回は「相手の使用カードに注目しよう:コントロールデッキ①」についての説明を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。
次回は、「相手の使用カードに注目しよう:コントロールデッキ②」についての説明を行いたいと思います。
ここまでお読み頂きありがとうございました!


タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ