シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

2,789PV

ここでは、初心者~中級者の方を対象に、JCG公認大会での優勝デッキレシピでテンプレートから少し外れたカードの採用理由を簡単に考察・解説していきたいと思います。

デッキレシピ

JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.25優勝ランプドラゴン

デッキ内の注目カード

このデッキの中で、環境のメタとして採用されているカードがドラゴニュートフィストです。

ドラゴニュートフィストについて

まずはドラゴニュートフィストの効果を確認してみましょう。

ドラゴニュートフィスト
クラス:ドラゴン 分類:スペル
消費PP:2
効果:ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。これを2回行う。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

2点のダメージを2回飛ばせる代わりに手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てなければならないため、実質手札を2枚消費して発動するスペルです。
同コストのサラマンダーブレスと比較すると、

・サラマンダーブレス
手札消費1枚で発動出来る。3点のダメージを狙った相手に確実に与えることが出来る。エンハンス6で発動することで範囲火力としても撃てる。
・ドラゴニュートフィスト
2点ダメージを2回与えるので複数体のフォロワーを倒すことが出来る。ランダムにダメージを与える。最大4点ダメージを与えられる。ハンドコストがかかる。

赤文字をメリット青文字をデメリットで表すとこのようになっています。このように、サラマンダーブレスに関しては特にデメリットが無い使いやすいスペルなのに対して、ドラゴニュートフィストは少々癖のある代わりに序盤から複数体の敵を倒すことが出来るスペルだということが分かります。
今の環境でドラゴンの天敵とも言えるネクロマンサーは序盤からフォロワーを横並びに展開してくるので、1ターンに複数体の敵を倒せるドラゴニュートフィストが多少使いにくいにも関わらず対策として採用されたと考えられます。
加えて、ドラゴニュートフィストには更に大きな特徴があります。それが紫の文字になっているランダムにダメージを与えるという点です。これについて少し詳しく説明します。

ランダムにダメージを与えるということについて

まずランダムにダメージを与えるということがどういうことかというと、スペルを発動する際に任意の対象を選択出来ずCPUが自動的に対象を選ぶということです。
では、何故これがデメリットではなく中間色の紫色なのでしょうか?理由はシャドバの処理にあります。
シャドウバースにはマイニュ等が持っている「相手の能力で選択できない。」という効果があります。効果ではありませんが潜伏等もこの括りに含まれます。
実はこの効果、選択出来ないのはあくまでプレイヤーであって、CPUが勝手に選ぶ際にはきちんと対象に含まれるのです。
つまり、ドラゴニュートフィストのようなランダムにダメージを与える効果であれば、選択出来ない効果を持っていようが潜伏状態であろうがダメージを与えることができるのです。
これを利用すれば、ドラゴンの天敵ネクロマンサーで採用されているシャドウリーパーを育つ前に処理出来たり、毎ターン潜伏状態になる厄介な旅ガエル等も問題なく処理できます。
デメリットがあるにも関わらずドラゴニュートフィストが採用されたのは、複数体を処理できる以外にもこのランダム除去であるという理由が考えられます。

 

終わりに

今回は初心者の方に向けた、ちょっとしたカードの処理の豆知識と解説を行いました。
何か補足等がございましたら、コメント欄にご記入頂ければ幸いです。

ここまでお読み頂きありがとうございました!



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(2)
  • No.
    1

    前回のランプドラゴンの記事ではユニコの紹介してましたが、ユニコとドラゴニュートフィストではどちらを採用するべきなのでしょうか?


  • No.
    2

    大会用デッキだからランクマではあまり使えないよね


  • コメントを書く
    コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
    また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
    皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ