シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

521PV

アビスビースト

リリース前に覚えておきたい基礎知識:第3回「復讐について」
リリースされるまでに知っておきたい用語やルールについて解説していきます。
第3回目は「復讐」についてです。
復讐とは?

呪剣の吸血鬼

復讐とは、ヴァンパイアのクラスが持っている特殊能力で「自分のリーダーの体力が10以下」という状態を表します。「復讐なら~」という能力は、自分のリーダーの体力が10以下のときに働きます。呪剣の吸血鬼は通常時はコスト1、攻撃1、体力2という平凡な能力ですが、復讐状態ならコスト1で攻撃3、体力4の優れた能力になります。
復讐前提のキャラも

復讐の悪魔

復讐の悪魔は、コスト3ながら攻撃5、体力4と優れた能力のフォロワーですが、「復讐でないなら、このフォロワーは攻撃不能」という能力のため復讐状態以外ではただの置物になってしまいます。またビーストドミネーターは「復讐でないなら、自分のリーダーに2ダメージを与える」という能力を持っています。一見するとデメリットですが、上手く調整すれば相手の攻撃を待たずに自分で復讐状態にすることが可能です。
スペルも復讐によって強化される

ブラッドレイジ

復讐で強化されるのはフォロワーだけではありません。ブラッドレイジは通常は「相手のフォロワー1体に3ダメージ」の効果ですが、「復讐なら、3ダメージではなく6ダメージ」と復讐状態なら与えるダメージが倍増します。またディアボリックドレインは、通常時はコスト5ですが、「復讐なら、このカードをプレイするときコストを-4する」という効果があります。このようにヴァンパイアのクラスは復讐によってカードの効果が大きく変わってきます。

タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く
コメント欄が荒れるきっかけになるような悪意ある辛辣な批判コメントはお控え願います。
また、掲載されているデッキに対して批判する際は、改善すべき点などを書いて頂けると投稿者様もユーザー様も不快にならず済みます。
皆様が気持ちよく利用できるようご協力をお願い致します。

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ