シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

32,134PV

自慢のデッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるエルフクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介はHrknt゜。様のブレイブ冥府エルフのデッキレシピをご紹介!
立ち回りのコツやキーカードについて、有利なデッキや不利なデッキについても解説付き!

デッキレシピ

デッキ概要

デッキについて

AA帯からマスターランクになるまで使用し、マスターランクになってからも使用中の冥府エルフデッキです。
環境に疾走系のデッキが非常に増え、特に疾走ビショップがとても多く10連続マッチしたこともあるくらいで、それがトラウマで構成を捻ったデッキになります。

三枚目の冥府への道(フィニッシャー)として白銀の矢を採用しています。
エルフ自身耐えることに関してはソコソコの能力を持っているのと、今白銀の矢を視野に入れてる方が少ないので守護を固めて守りに入るという対戦相手をよくみます。

直接の9点大砲。なかなかに刺さります。
もちろん冥府への道を起動しても超越ウィッチに2ターン与えればほぼ間違いなく次元の超越で返されますし、エルフミラーなどでも次のターンを見越してその場を耐えるだけの回復や守護という動きも良く見ますが冥府への道で6点・白銀の矢で6~9点という確定追い討ちは破壊力絶大です

ドヤ顔で冥府への道エクスキューションオーディンで壊して来た相手に射抜き返す手段としても最高峰です。
ぜひ使って見て下さい。

このデッキの勝利数

177戦111勝
最高12連勝

マリガン(初手交換)

上記でも書いた通りで、基本的には普通の冥府エルフと同じです。

フェアリーサークル
フェアリーウィスパラー
エンシェントエルフ
森荒らしへの報い
新たなる運命
ベビーエルフ・メイ

相手や後攻先行によってブレイブフェアリーをキープします

有利・不利なデッキ

冥府エルフはプレイによって大分得意不得意変わってくると思うので、有利デッキは書かないで置きます。
僕個人の勝率が高かった相手はエルフミラー、エイラビショップ疾走ビショップ、ヴァンパイア全般です。

不利だったデッキは超越ウィッチセラフビショップ超越ウィッチリノセウスで狙えますがセラフビショップはかなりキツイです。
特にエイラセラフビショップは僕はとても苦手です。

立ち回りのコツ

基本的には冥府エルフの立ち回りと同じく相手リーダーによってプランや動きを変えます。

御旗ロイヤル
アグロヴァンパイア
などに先行を取られそのままストレートで負けるパターンが辛くそこでブレイブフェアリーが輝きます。
上記2デッキは処理と凌ぐことが序盤できれば自然と勝利できるのでマリガンではブレイブフェアリーorベビーエルフ・メイ。またはセット。
森荒らしへの報いエンシェントエルフをキープします。
エンジェルバレッジが脅威に感じる相手にはリザを同時に出せるとなおいいでしょう。

疾走ビショップ
疾走ビショップは序盤詠唱:聖なる願い詠唱:獣姫の呼び声のパターンが王道です。
先行でアミュレットを置かれてしまうとなかなか対処しづらくビショップには鉄槌の僧侶も控えてるので一つ目の詠唱:獣姫の呼び声などはダメージ受けてしまうことは仕方ないでしょう。

疾走ビショップの打点を減らす方法としてブレイブフェアリーを使います。
中盤以降アミュレット開封から疾走進化でHPが吹っ飛んでしまいますが、それに合わせてエンシェントエルフと構え込んでも死の舞踏のいい餌食になります笑。

複数の守護を置くことが相手のテンポをズラすことができ有効で、フェアリーフェアリーエンシェントエルフで守護を立てつつ余ったPPでブレイブフェアリーなどをプレイします。
アミュレット開封からの即時顔面さえ止められればエルフは森の意志など、除去カードが強力なので対応できると思います。

6~7ターン目くらいまで耐えなければ疾走ビショップは速度がガタ落ちするので、1ターンでのダメージも想定内で済みます。
フェアリービーストクリスタリアプリンセス・ティアを使い、盤面の守りやHP維持を図って冥府への道まで進みましょう。
もしくは疾走ビショップは進化権を失うと非常に防御が手薄になるので、そこまで来たらリノセウスフィニッシュも容易です。

【エルフミラー】
ミラーマッチは正直、従来の方がわずかに強いかも知れません。
ウォーターフェアリーを採用する事で一枚でフェアリー2枚分の役割をしてくれます。

一方代わりにブレイブフェアリーを採用してるこのデッキは一枚分負けています。
墓地と手札の数で負けるだけでなく、ブレイブフェアリーがエルフにはあまり意味がないです。
序盤に出すフォロワーとしては本当に劣化ウォーターフェアリーだと思います。
要はベビーエルフ・メイで倒されてしまうということですね笑。

しかし去ることなかれ、割と終盤に縺れ込んだ時や相手がテンポエルフ寄りのデッキだったりすると、リノセウスなどで真正直に顔面に飛んでこれないので、僅かながら保険がききます。
一番有効なのはブレイブフェアリー+リザです、確実に1体受けとめてくれます。
PPギリギリを使ってやっと起動した冥府への道の添え起き守護として、エンシェントエルフがないときにブレイブフェアリーを置くのも悪くなかったです。

【他リーダー】
特に従来の冥府エルフと変わりません。
王道冥府への道パターン、リノセウスパターン、消耗戦に打たれ勝つパターン。
リーダーによって選び、スムーズに回せれば勝てます。

代用カード

ヴァンパイアとエルフばかり当たるような時はエンジェルバレッジを採用してみて下さい。
抜くカードは森の意志クリスタリアプリンセス・ティアです。
個人差はあると思いますがクリスタリアプリンセス・ティアはダブると使いにくく、ゲーム通しても2枚目は流すパターンが多いです。
使い回すこともできるので一枚でもなんとかなります。
この度はデッキ提供ありがとうございました!
皆さんのよりよいシャドバライフの参考になれば幸いです<(_ _)>


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメントを書く

コメントを残す



Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページのトップヘ