シャドウバース攻略速報|Shadowverse攻略・まとめ速報

19,194PV

強力デッキをご紹介!

Shadowverse(シャドウバース)におけるヴァンパイアクラスのデッキを紹介致します。
今回のデッキ紹介ははえとり様のの冥府ヴァンパイアをご紹介!
デッキについての一言も頂きました!

デッキ詳細

レシピ

デッキ構築について

冥府エルフの強みは、ゲームエンドの手段が複数存在することにあると私は考えています。
そこから倣って本デッキは勝ち筋を複数用意することを意識し、吸血姫・ヴァンピィ吸血鬼の古城を入れています。

対戦で意識すべき点

冥府への道発動に拘らないこと。
先ほど挙げた吸血鬼の古城とヴァンピィは1枚で2~4点くらい持っていくパワーカードです。
また、あえて吸血鬼の古城を爆破せず、墓地カウントを増やす+盤面を整えるためにフォレストバットを増やすという使い方もします。
メドゥーサの魔眼を2枚積んでいるため、盤面に1枚カードが残っている状況が大きかったりします。

おすすめポイント

序盤はちょっと事故った蝙蝠アグロのように動けるので、相手方にデッキの誤認を誘えます。
とはいえ、3ターン目に契約を置くのが多くのマッチアップで理想の動きなので、そうするとコントロール寄りなのがバレます。

吸血姫・ヴァンピィが擬似守護になり、冥府への道なのに盤面処理を強要できてるというのは使ってて面白さがありますね。
裁きの悪魔ディアボリックドレイン黙示録は流行しているアグロ相手には強く動けるカードです。

一方で超越ウィッチセラフビショップには鋭利な一裂きブラッドウルフブラッディメアリーを不採用としているため通常のヴァンパイアよりも弱くなっています。

立ち回りのコツ

対エルフを意識したテックカードを多めに採用(メドゥーサの魔眼エンジェルバレッジ)しているので、今自分のいるランク帯に応じて採用するカードは変えてもいいと思います。
冥府エルフと違い、価値のあるカードを新たなる運命で燃やすことも多いので、除去札を何枚使ったかはカウントしています。

これはこのデッキに限った話ではないかもしれないですが、裁きの悪魔で4点を回復したいという場面はちょくちょく出てくるので、あまり雑に進化権を切りすぎるのは危ないです。
また、黙示録を切るターンは基本的に体力回復しづらいので、相手が疾走持ちの生物を持っているリーダーなどの場合、眷属の召喚クイーンヴァンパイアの方が安定するという場面はしばしばあります。

元ツイート

この度は掲載に当たり掲載許可だけでなくコメントまで頂きありがとうございました!
より皆さんがシャドウバースを楽しめるよう参考になれば幸いです(^O^)!


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(9)
  • No.
    1

    めちゃめちゃ強い。冥府以外で勝てなくなった時に冥府が発動できる状態までほぼ墓地がたまっているから冥府をそっと置くだけで相手が弾け飛んでく。


  • No.
    2

    序盤にアグロの動きすると手札がどんどん減っていき運命をきるタイミングがなくなってしまったんだかアグロからの切り替え?がよくわからんかった。しかし自分が作ったなんちゃって冥府ヴァンプより全然実用性があったと思う。練習してみるかー


  • No.
    3

    5戦ランクマッチで使ったけど全勝できた5戦全部冥府使わずに勝てたし冥府抜きでも普通に使える


  • No.
    4

    何とマッチアップして10連勝したのか書いてもらわなきゃ参考にならない。


  • No.
    5

    契約引けないと滅茶苦茶きつかったわ


  • No.
    6

    アグロでええやんってなる
    こんな事言っちゃダメだが


  • No.
    7

    中途半端すぎるわ
    相手が相当事故らないと殴り勝ちなんてほとんどできないし、結局冥府に頼ることになる


    • No.
      7.1

      冥府ヴァンプなんだから冥府に頼るのは当たり前だろ。


  • No.
    8

    今の環境じゃ出されちゃヤバいものが多すぎてこんな悠長なデッキじゃすぐやられるでしょ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このページのトップヘ